呼吸器外科学

呼吸器外科学(こきゅうきげかがく、:Chest surgery)とは、主に気管などの呼吸器系Respiratory)や縦隔胸腺疾患を中心として胸郭Chest)全般を扱う外科学の一分野。

欧米等では呼吸器外科学(Chest surgery)とは称されず、旧来通りに胸部外科学Thoracic surgery)と称されている場合が多い。また、日本の診療科では一般に胸部の臓器を扱う呼吸器外科と心臓外科をそれぞれ区別しているが、施設によっては心臓外科と呼吸器外科を合わせて胸部外科(または胸部心臓外科)と称する場合や、呼吸器内科と呼吸器外科が共に呼吸器センターを設置している施設もある[1]


目次

歴史編集

対象疾患編集

肺腫瘍性疾患編集

肺嚢胞性疾患編集

  • 気胸
    • 自然気胸
      • 原発性自然気胸
      • 続発性自然気胸
    • 血気胸
  • 肺嚢胞
    • 巨大肺嚢胞

気道疾患編集

  • 気管腫瘍・気管支腫瘍
    • 気管癌
    • 気管良性腫瘍
    • 転移性気管腫瘍
  • 気道異物

感染性肺疾患編集

先天性疾患編集

胸壁・胸膜疾患編集

縦隔疾患編集

外科的診断を要する疾患編集

胸部外傷編集

その他の疾患編集

術式編集

呼吸器外科学領域で行われる手術術式は以下の通り。

術式(アプローチによる分類)編集

術式(各論)編集

肺・気管支・胸膜編集

  • 肺部分切除術
  • 広範囲楔状切除術
  • 区域切除術
  • 肺葉切除術
  • 肺摘除術
  • 胸膜肺全摘術
  • 気管気管支形成術
  • 気管支充填術
  • 肺剥皮術
  • 生検
    • 肺生検
    • 胸膜生検
  • 肺移植術

胸郭編集

  • 胸郭形成術
  • 開窓術
  • 漏斗胸手術
    • 胸肋挙上術
    • 胸骨翻転術

縦隔編集

その他の術式編集

  • 胸腔鏡下交感神経遮断術(多汗症に対して)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集