命しらずのあいつ

命しらずのあいつ』(いのちしらずのあいつ)は1967年4月9日に公開された日本の映画である。監督は長谷部安春。主演は小林旭日活制作。

命しらずのあいつ
監督 松尾昭典
脚本 甲斐久尊、松尾昭典
製作 友田二郎
出演者 小林旭東京ぼん太内田良平浜川智子藤竜也
音楽 嵐野英彦
主題歌 ギター片手に、涙と恋の物語、旅の灯、なぐさめ、あんたしっかりしてんね、女のためいき
撮影 岩佐一泉
編集 井上親弥
制作会社 日活
公開 1967年4月9日
上映時間 91分
前作 不死身なあいつ
次作 爆弾男といわれるあいつ
テンプレートを表示

概要編集

シリーズ3作目 堅気になった都築が戻った博多では、旧友の武原が属していた村岡組が、組長の村岡が変死したために、幹部の長谷部が組長になっていた。 そして、香港に売られようとしていた明美を助けた際に爆破に巻き込まれて聴力を失い、そんな中銀行で長谷部が村岡を焼き殺しているネガを見つけ、これが原因で武原が殺されたと知った。

キャスト編集

スタッフ編集