メインメニューを開く

和久井光司(わくい こうじ、1958年10月2日 -)は、総合音楽家。東京都出身。

音楽家、作詞家、作曲家、プロデューサー、レーベル・オーナー、文筆家、など音楽に関わるもろもろに携わるという意味で、総合音楽家を名乗っている。

1980年にニューウェーブ・バンド、スクリーンを結成し、以後、モーメンツ、東京の人、和久井光司F.B.I.、Bonzo Dog Tokyo Doo Dah Band、the BMW、和久井光司&セルロイド・ヒーローズなどで活動。

音楽誌「ロック画報」にてブルース・クリエイションのアルバム「悪魔と11人の子供たち」を酷評したことに対し、ブルース・クリエイションの竹田和夫が「ロック画報」の次号および自らのホームページで「ミュージシャンでもない人間に何がわかるのか」と“総合音楽家”へ向けて怒りの反論を掲載する。和久井からはその件について何のリアクションも無かったため論争に発展せず尻すぼみで終わる。

自らのバンド「スクリーン」の複数のCDが復刻されて間もなく、あるCDショップでそれらのCDが在庫処分セールで廉価で売り飛ばされていたことに怒り、そのCDショップの本社へクレームを入れた。

2007年11月に発売された和久井によるボブ・ディラン公認の日本語カヴァー・アルバム『ディランを唄う』のジャケットを浦沢が描きし、2008年6月27日、28日には【和久井光司×浦沢直樹 2 days Live at 東京キネマ倶楽部】が行われた。また、2008年11月発売の浦沢直樹ファースト・アルバム『半世紀の男』のプロデュースを手掛けた。

主な音楽作品編集

  • ペルソナ/仮面(スクリーン)
  • ムーン&ジューン(スクリーン)
  • キャンプ・ユーモア(スクリーン)
  • ライフ・ゴーズ・オン(スクリーン)
  • ガレージ&ザ・ロード(スクリーン)
  • 虹かかる日(和久井光司 with モーメンツ)
  • From Dusk Till Dawn(和久井光司)
  • Torch Song Trilogy(和久井光司)
  • MONOCHROME 80(写真集つきオムニバスCD/あがた森魚甲本ヒロト野澤享司森山公一、ほか参加)
  • 愛と性のクーデター(和久井光司&セルロイド・ヒーローズ)
  • ディランを唄う(和久井光司)

主な著書編集

  • ビートルズ&アップル・マテリアル(BNN)
  • 地球音楽ライブラリー・クイーン(TOKYO FM出版)
  • U2(BNN)
  • PINK FLOYD(BNN)
  • ビートルズ〜20世紀文化としてのロック(講談社選書メチエ)
  • 新説ビートルズ・ストーリー(音楽出版社/共著者:326)
  • ビートルズ・UKアナログ盤・ガイドブック(ストレンジ・デイズ)
  • ディランを語ろう(小学館/共著者:浦沢直樹
  • 「at 武道館」をつくった男〜ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代(アルテスパブリッシング)

主な編著書編集

  • from BEAT to POP(音楽之友社)
  • WORLD FAMOUS GUITAR POP(音楽之友社)
  • 英国ロックの深い森 1955-1975(ミュージック・マガジン)
  • 英国ロックの深い森 1976-1990(ミュージック・マガジン)
  • ザ・ゴールデン・カップスのすべて(河出書房新社)

外部リンク編集