和歌山県の市町村章一覧

ウィキメディアの一覧記事

和歌山県の市町村章一覧(わかやまけんのしちょうそんしょうのいちらん)は、和歌山県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部編集

市章 由来 制定日 備考
和歌山市   三方の山+「和」+「カ」を図案化し、二重丸を表したもの[1][2] 1909年1月[1]
(日付は不明[3]
海南市   豊かな自然と海を表したもの[1][4] 2005年10月1日[1][4] 2代目の市章である
色は緑色・青色・水色が指定されている[4]
橋本市   「ハシ」を図案化したもの[5][6] 2006年10月1日[5] 旧・橋本市制時の1955年1月25日に制定され、新市制施行後に制定される[7]
有田市   ミカンとその葉で「アリ田」を表したもの[1][8] 1956年5月1日[8] 有田町制時の1956年4月10日に制定され、市制施行後に継承される[9]
色は紋章部分は橙色・地色部分は緑色が指定されている[10]
御坊市   波形で「ご」を図案化したもの[11][12] 1954年6月1日[11][12] 御坊町制度時の1954年1月1日に制定され、市制施行後に継承される[13]
田辺市   星型の中心に「田」を図案化したもの[11][14] 2005年10月1日[15] 田辺町制時の1921年8月(日付は不明[16])に制定され、旧市制施行後かつ新市制施行後に制定される[11][14][16][17]
新宮市   波と山を象ったもの[11][18] 2006年4月1日[11][19] 旧・新宮市制時の1948年5月(日付は不明[20])に制定され、新市制施行後に制定される
紀の川市   「紀」を図案化したもの[21][22] 2005年11月7日[21][22] 色は青色と群青色が指定されている[22]
岩出市   「岩」を丸く図案化したもの[21] 1963年9月[21][23] 岩出町章として制定されていたものを市制施行後に継承される
制定前は作成されていなかった[24]

町村部編集

町村 町村章 由来 制定日 備考
海草郡 紀美野町   「空」・「川」・「山」を象徴したもの[25][26] 2006年1月1日[25] 色は緑色と青色が指定されている[27]
伊都郡 かつらぎ町   「か」を図案化したもの[21][28] 1959年11月1日[28][21]
九度山町   「九山」を円形にしかつ組み合わせて図案化したもの[29][25][30] 1957年1月1日[25]
高野町   「高」を図案化し、をかたどり、太陽を表したもの[29][31] 1962年10月1日[31][25]
有田郡 湯浅町   全体は日の出を表して、「ユ」を図案化したもの[32][33][34] 1961年7月1日[33][34]
広川町   「ひ」を円形に図案化したもの[33] 1970年9月26日[33][35] 2代目の町章である
有田川町   「A」を図案化したもの[21][36] 2006年6月13日[36][21]
日高郡 美浜町   「み」を波頭と鳥の雄飛する姿を想像して図案化したもの[37][33][38] 1967年10月14日[33][39] 色は原則として黒色であるが、場合によっては金色か白色が指定されている[39]
制定前は作成されていなかった[40]
日高町   「ひ」を翼形にして図案化したもの[33][41] 1964年12月1日[41][33] 制定前は作成されていなかった[42]
由良町   「ユラ」を上下に配しかつ円形にして表したもの[43][33][44] 1962年12月25日[44][33]
みなべ町   の花に水と緑をあしらったもの[33][45] 2004年10月1日[33] 2004年6月12日に公表され、本年10月1日に制定され、色は青色と緑色が指定されている[46]
印南町   「I」を図案化したもの[1][47] 1964年9月[1] 制定前は作成されていなかった[48]
日高川町 (著作権存続) 外側の円で「日」を表し、高い山並みと川を組み合わせたもの[33][49] 2005年5月1日[33] 2005年3月18日に公表され、本年5月1日に制定される[49]
西牟婁郡 白浜町   全体は「白」を図案化し、三角形と内側の丸は「太陽」かつ外側の丸は「和」を表したもの[25][50] 2006年3月1日[25][50] 旧・白浜町制度時の1950年12月20日に制定され、新制合併後に継承される[51]
上富田町   「上」・「と」を組み合わせたもの[1][52] 1967年11月1日[52][1] 制定前は作成されていなかった[53]
すさみ町   「す」を図案化したもの[25][54] 1962年10月1日[25] 色は青色が指定されている[55]
制定前は作成されていなかった[56]
東牟婁郡 串本町   「串」を図案化したもの[25][57] 2006年4月10日[57][25] 色は上部の「口」は青色・下部の「口」は緑色・棒部分は橙色が指定されている[57]
3代目の町章である
那智勝浦町   那智の滝を図案化したもの[25][58] 1964年10月1日[25][58] 色は青色が指定されている[25]
制定前は作成されていなかった[59]
太地町   「T」を図案化しを象徴したもの[25][60] 1965年9月10日[60][25][61] 色は緑色が指定されている[62]
制定前は作成されていなかった[63]
古座川町 (著作権存続) 「古」と古座川の流れを表したもの[25][64] 1971年1月12日[25] 制定前は作成されていなかった[65]
北山村   「北」を図案化し、「山」を形成しているもの[1] 1969年9月30日[1] 制定前は作成されていなかった[66]

廃止された市町村章編集

市町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
西牟婁郡 牟婁町 作成されていない[67] 1964年10月15日
有田郡 広川町   「ヒロ川」を図案化し、「ヒ」はケシの花を表したもの[68] 不明 1970年9月26日 初代の町章である
西牟婁郡 串本町   「串」を図案化し、新取の気性と町民の団結を表したもの[69] 不明 1971年3月1日 初代の町章である
制定前は作成されていなかった[70]
海草郡 美里町   「美」を翼の形に図案化し、円満なる発展を表したもの[71] 1958年8月22日[71] 1991年6月 初代の町章である
日高郡 南部町   「ミナベ」と「円」を表したもの[72][73] 1966年11月1日[74][73] 2004年10月1日 制定前は作成されていなかった[75]
南部川村   備長炭の花・南部川を表したもの[76][72] 1992年12月18日[72][77] 1958年に制定されたものを[76]1992年12月18日に告示される[77]
西牟婁郡 串本町   「串」を太平洋黒潮の如く図案化したもの[78][79][78] 1971年3月1日[78] 2005年4月1日 2代目の町章である
東牟婁郡 古座町   「古」を図案化したもの[80] 1963年[80] 制定前は作成されていなかった[81]
海南市   を末広がりの扇型に表したもの[82] 1934年8月5日[82] 初代の市章である
海草郡 下津町   「シモツ」(内訳は「シ」・「モ」を逆さにし・中央部に「ツ」を配したもの)を円形と翼型にしたもの[83][82] 1955年7月4日[82]
日高郡 川辺町 (著作権存続) 円はミカンを表す「川辺」を図案化し、の意味を持つ三つの三角形を表したもの[84][43] 1966年3月[43] 2005年5月1日 制定前は作成されていなかった[85]
中津村   「中ツ」を図案化し、全体はを表したもの[84] 1966年11月1日[86][87] 制定前は作成されていなかった[88]
美山村   「美」を配し、「山」を図案化したもの[84] 1966年9月[89][87] 制定前は作成されていなかった[90]
西牟婁郡 中辺路町   「中辺路」を翼型に配し、外側は「和」・三角は果無山脈を表したもの[91][92] 1959年7月[91][93]
大塔村   「大」を独自(ユニーク)に意匠化したもの[94][95] 1969年11月20日[96][97] 制定前は作成されていなかった[98]
東牟婁郡 本宮町   「本」を意匠化かつ図案化し、上下部に半円を描いたもの[99][100] 1967年9月23日[101][99] 制定前は作成されていなかった[102]
日高郡 龍神村  
(地色が白色
紋章は黒色)
 
(地色が黄色
紋章は黒色)
 
(地色が淡紫色
紋章は黒色)
 
(地色が黒色
紋章は金色)
 
(地色が紺色
紋章は金色)
 
(地色が臙脂色
紋章は金色)
 
(地色が濃緑色
紋章は金色)
 
(地色が黒色
紋章は白色)
 
(地色が紺色
紋章は白色)
 
(地色が濃緑色
紋章は白色)
「り」を図案化し、昇天する姿を意匠化したもの[103] 1965年7月12日[103][104] 1965年6月に制定され、同年7月12日に条例化される[105]
色は地色が白色・黄色・淡紫色の場合は紋章は黒色が指定
地色が紺色・臙脂色・濃緑色の場合は紋章は金色が指定
地色が黒色・紺色・濃緑色の場合は紋章は白色が指定されている[105]
制定前は作成されていなかった[106]
伊都郡 花園村   「ハナ」を円形に図案化したもの[107][108] 1972年2月5日[108] 2005年10月1日 制定前は作成されていなかった[109]
東牟婁郡 熊野川町   「クマノ川」を意匠化したもの[110][111] 1958年9月29日[110]
那賀郡 打田町   「打」を図案化したもの[112] 1957年12月10日[113] 2005年11月7日 1956年3月に制定されたものを1957年12月10日に再制定された[114][113]
粉河町   全体は五本の線(旧粉河町・長田村竜門村川原村鞆淵村を表したもの[107])であり、横三本は「かわ」・上下の二本の円は「こ」を表したもの[112] 1957年9月13日[115]
那賀町   「那」を図案化し、上下の半円を表したもの[116][112] 1957年4月1日[117]
桃山町   「モモ」を両翼とし、「山」を和として図案化したもの[116][112] 1956年8月1日[118][116]
貴志川町   「きし川」を丸くして図案化したもの[119][112] 1955年10月1日[120]
有田郡 吉備町   「き」を近代的感覚で図案化したもの[121] 1962年6月25日[121] 2006年1月1日
金屋町   「カナヤ」を図案化し、「力(ちから)」を示したもの[122][121] 1959年9月[121]
清水町   円と中央部は「水」を表したもの[121] 1969年10月4日[121][123] 制定前は作成されていなかった[124]
海草郡 野上町   「の上」を図案化し、中央の山型は生石高原(生石ヶ峰)を表したもの[125][126] 1955年10月[125][126] 色は赤色が指定されている[125][127]
美里町 (著作権存続) 全体は「M」を形象化し、美里町の基本コンセプトを背景に創作したもの[126] 1991年6月[126] 2代目の町章である
伊都郡 高野口町   「こ」を円く象り、織物の積み重ねを表したもの[128][129] 1955年4月15日[130] 2006年3月1日
西牟婁郡 日置川町   「ひ」を図案化したもの[131] 1966年6月[131][132] 制定前は作成されていなかった[133]

参考文献編集

書籍編集

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。NDLJP:955061
  • 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。
  • 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。
  • 望月政治『都章道章府章県章市章のすべて』日本出版貿易株式会社、1973年7月7日。
  • NHK情報ネットワーク『NHKふるさとデータブック6 [近畿]』日本放送協会、1992年5月1日。
  • 国際図書『事典 シンボルと公式制度』国民文化協会、1968年。

都道府県書籍編集

  • 和歌山県教育委員会『わかやまDE発見』和歌山県教育委員会、2000年3月21日。
  • 和歌山新聞社『和歌山県勢 昭和38年版』和歌山新聞社、1962年。
  • 和歌山県勢委員会『和歌山県勢 昭和44年版』和歌山県勢委員会、1968年。
  • 和歌山県勢委員会『和歌山県勢 昭和47年版』和歌山県勢委員会、1972年。

パンフレット編集

  • 美里町『美里町町章選定委員会資料』和歌山県海草郡美里町、1958年。

自治体書籍編集

北部(海草・那賀・伊都地域)編集

  • 高野口町役場『高野口町例規集』和歌山県伊都郡高野口町。
  • 花園村役場『花園村例規集』和歌山県伊都郡花園村。
  • 紀美野町役場『紀美野町例規集』和歌山県海草郡紀美野町。
  • 野上町役場『野上町例規集』和歌山県海草郡野上町。
  • 打田町『打田町勢要覧』和歌山県那賀郡打田町。
  • 打田町『広報うちた 昭和31年 - 平成11年』和歌山県那賀郡打田町。
  • 粉河町『粉河町勢要覧』和歌山県那賀郡粉河町。
  • 那賀町『那賀町勢要覧』和歌山県那賀郡那賀町。
  • 桃山町『桃山町史』和歌山県那賀郡桃山町、1972年。
  • 貴志川町『貴志川町勢要覧』和歌山県那賀郡貴志川町。

中部(有田・日高地域)編集

  • 広川町役場『広川町例規集』和歌山県有田郡広川町。
  • 有田川町役場『有田川町例規集』和歌山県有田郡有田川町。
  • 吉備町役場『吉備町例規集』和歌山県有田郡吉備町。
  • 清水町役場『清水町例規集』和歌山県有田郡清水町。
  • 龍神村役場『龍神村勢要覧』和歌山県日高郡龍神村、1981年。
  • 龍神村役場『龍神村例規集』和歌山県日高郡龍神村。
  • 南部町役場『南部町例規集』和歌山県日高郡南部町。
  • 南部川村役場『南部川村例規集』和歌山県日高郡南部川村。
  • 中津村役場『中津村例規集』和歌山県日高郡中津村。
  • 美山村役場『美山村例規集』和歌山県日高郡美山村。

南部(西牟婁・東牟婁地域)編集

  • 熊野川町『熊野川町勢要覧 1995』和歌山県東牟婁郡熊野川町、1995年。
  • 串本町役場企画財政課『串本町30年のあゆみ』和歌山県西牟婁郡串本町、1985年7月。
  • 中辺路町編纂委員会『中辺路町誌 上巻』和歌山県西牟婁郡中辺路町、1988年。
  • 中辺路町編纂委員会『中辺路町誌 下巻』和歌山県西牟婁郡中辺路町、1988年。
  • 中辺路町編纂委員会『中辺路町誌 資料編』和歌山県西牟婁郡中辺路町、1988年。
  • 大塔村役場『大塔村史 史料編』和歌山県西牟婁郡大塔村、2005年2月。
  • 本宮町史編纂委員会『本宮町史』和歌山県東牟婁郡本宮町、2000年3月。
  • 本宮町役場『本宮町例規集』和歌山県西牟婁郡本宮町。
  • 日置川町役場『日置川町例規集』和歌山県西牟婁郡日置川町。
  • 日置川町史編纂委員会『日置川町誌 通史編 下巻』和歌山県西牟婁郡日置川町、2000年3月31日。
  • 旧・串本町役場『旧・串本町例規集』和歌山県西牟婁郡串本町。
  • 本宮町役場『本宮町例規集』和歌山県東牟婁郡本宮町。
  • 古座町役場『古座町例規集』和歌山県東牟婁郡古座町。
  • 太地町役場『太地町例規集』和歌山県東牟婁郡太地町。
  • 北山村役場『北山村例規集』和歌山県東牟婁郡北山村。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 図典 日本の市町村章 p168
  2. ^ 和歌山市き章”. 和歌山市. 2011年12月20日閲覧。
  3. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p444
  4. ^ a b c 海南市の市章制定について”. 海南市 (2005年10月1日). 2012年1月1日閲覧。
  5. ^ a b 図典 日本の市町村章 p161
  6. ^ 市章”. 橋本市. 2011年12月20日閲覧。
  7. ^ 市章”. 橋本市例規集 (1955年1月25日). 2011年12月20日閲覧。
  8. ^ a b 有田市市章”. 有田市 (1956年5月1日). 2012年1月1日閲覧。
  9. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p445
  10. ^ 有田市・湯浅町・広川町合併協議会の調整内容  慣行の取扱い(1)
  11. ^ a b c d e f 図典 日本の市町村章 p159
  12. ^ a b 御坊市の環境 (PDF)”. 御坊市. p. 2 (2007年). 2012年1月1日閲覧。
  13. ^ 御坊市章
  14. ^ a b 田辺市の市章、市民憲章、市の木・花・鳥”. 田辺市. 2012年1月1日閲覧。
  15. ^ 田辺市章
  16. ^ a b 都章道章府章県章市章のすべて p446
  17. ^ 事典 シンボルと公式制度 p211
  18. ^ 新宮市章”. 新宮市 (2010年8月20日). 2012年1月1日閲覧。
  19. ^ 新宮市章の制定について
  20. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p447
  21. ^ a b c d e f g h 図典 日本の市町村章 p158
  22. ^ a b c 紀の川市の市章制定”. 紀の川市 (2005年11月7日). 2012年1月1日閲覧。
  23. ^ 図典 日本の市町村章 p158
  24. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p271
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 図典 日本の市町村章 p169
  26. ^ 紀美野町誕生”. 紀美野町. 2012年1月2日閲覧。
  27. ^ 紀美野町「町章」デザインが決定しました
  28. ^ a b かつらぎ町の概要”. かつらぎ町. 2011年12月20日閲覧。
  29. ^ a b わかやまDE発見 p186
  30. ^ ふるさと”. 九度山町 (2010年12月22日). 2012年1月2日閲覧。
  31. ^ a b 高野町の概要”. 高野町. 2012年1月2日閲覧。
  32. ^ わかやまDE発見 p195
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n 図典 日本の市町村章 p170
  34. ^ a b 湯浅町章制定について”. 湯浅町 (1961年7月1日). 2012年1月2日閲覧。
  35. ^ 広川町の沿革”. 広川町. 2012年1月2日閲覧。
  36. ^ a b 有田川町のシンボル”. 有田川町. 2012年1月2日閲覧。
  37. ^ わかやまDE発見 p199
  38. ^ 町の紹介”. 美浜町. 2012年1月7日閲覧。
  39. ^ a b 美浜町の町章を定める規程”. 美浜町 (1967年10月14日). 2012年1月7日閲覧。
  40. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p282
  41. ^ a b 日高町について”. 日高町. 2012年1月7日閲覧。
  42. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p283
  43. ^ a b c わかやまDE発見 p200
  44. ^ a b 町の木と花・町章”. 由良町. 2012年1月7日閲覧。
  45. ^ 南部町・南部川村合併協議会だより19号 (PDF)”. 南部町・南部川村合併協議会 (2004年6月1日). 2012年1月7日閲覧。
  46. ^ みなべ町のあゆみ”. みなべ町. 2012年1月7日閲覧。
  47. ^ 町の概要・沿革”. 印南町. 2012年1月7日閲覧。
  48. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p291
  49. ^ a b 日高川町の概要”. 日高川町. 2012年1月7日閲覧。
  50. ^ a b 町章の制定について”. 白浜町 (2006年3月1日). 2012年1月7日閲覧。
  51. ^ 2町の概要”. 白浜町・日置川町合併協議会(国立国会図書館が収集) (2005年9月30日). 2012年1月7日閲覧。
  52. ^ a b 上富田町章”. 上富田町 (1967年11月1日). 2012年1月7日閲覧。
  53. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p297
  54. ^ 町章とその由来”. すさみ町. 2012年1月7日閲覧。
  55. ^ NHKふるさとデータブック p712
  56. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p299
  57. ^ a b c 串本町章”. 串本町 (2006年4月10日). 2012年1月11日閲覧。
  58. ^ a b 那智勝浦町章制定”. 那智勝浦町 (1964年10月1日). 2012年1月11日閲覧。
  59. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p301
  60. ^ a b くじらの町”. 太地町. 2012年1月11日閲覧。
  61. ^ 太地町例規集
  62. ^ わかやまDE発見 p210
  63. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p302
  64. ^ 古座川町の概況”. 古座川町. 2012年1月11日閲覧。
  65. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p304
  66. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p307
  67. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p294
  68. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p344
  69. ^ 和歌山県勢 昭和46年版 p371
  70. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p300
  71. ^ a b 美里町町章選定委員会資料
  72. ^ a b c 南部町・南部川村合併協議会だより 第15号 p8
  73. ^ a b 広報みなべ2004年2月号p12
  74. ^ 南部町例規集
  75. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p290
  76. ^ a b わかやまDE発見 p202
  77. ^ a b 南部川村の村章を定める条例
  78. ^ a b c 串本町例規集
  79. ^ NHKふるさとデータブック p713
  80. ^ a b NHKふるさとデータブック p720
  81. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p303
  82. ^ a b c d 海南市・下津町合併協議会 慣行の取り扱い
  83. ^ わかやまDE発見 p192
  84. ^ a b c 川辺町・中津村・美山村合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  85. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p285
  86. ^ 中津村例規集
  87. ^ a b わかやまDE発見 p201
  88. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p286
  89. ^ NHKふるさとデータブック p689
  90. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p287
  91. ^ a b 中辺路町誌 資料編
  92. ^ NHKふるさとデータブック p701
  93. ^ わかやまDE発見 p205
  94. ^ 大塔村史 史料編
  95. ^ 大塔村のシンボル
  96. ^ わかやまDE発見 p206
  97. ^ 大塔村例規集
  98. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p296
  99. ^ a b NHKふるさとデータブック p726
  100. ^ 本宮町史
  101. ^ わかやまDE発見 p212
  102. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p306
  103. ^ a b 龍神村の概要
  104. ^ 龍神村例規集 龍神村の村章を定める条例
  105. ^ a b 龍神村例規集 龍神村の村章を定める条例施行規則
  106. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p288
  107. ^ a b わかやまDE発見 p188
  108. ^ a b かつらぎ町・花園村合併協議会慣行の取扱いについて
  109. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p276
  110. ^ a b 熊野川町勢要覧 1995 ガイドブック
  111. ^ NHKふるさとデータブック p724
  112. ^ a b c d e 那賀5町合併協議会 協議事項確認内容 慣行の取扱い
  113. ^ a b 広報うちた 昭和31年 - 平成11年
  114. ^ 打田町のあらまし
  115. ^ 粉河町勢要覧
  116. ^ a b c わかやまDE発見 p189
  117. ^ NHKふるさとデータブック p657
  118. ^ 桃山町史
  119. ^ わかやまDE発見 p190
  120. ^ 貴志川はこんな町です
  121. ^ a b c d e f 吉備町・金屋町・清水町合併協議会 慣行の取扱い
  122. ^ わかやまDE発見 p196
  123. ^ 清水町例規集
  124. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p281
  125. ^ a b c 野上町例規集
  126. ^ a b c d 協議第11号 慣行の取り扱いについて (PDF)”. 野上町・美里町合併協議会. p. 2 (2004年3月24日). 2012年1月2日閲覧。
  127. ^ NHKふるさとデータブック p651
  128. ^ わかやまDE発見 p185
  129. ^ NHKふるさとデータブック p667
  130. ^ 高野口町例規集
  131. ^ a b 日置川町ホームページ 町の紹介 - 町章および町民憲章
  132. ^ わかやまDE発見 p207
  133. ^ 和歌山県勢 昭和38年版 p298

関連項目編集