メインメニューを開く

和歌山県立海南高等学校

設置学科編集

概要編集

全日制課程および定時制課程があり、その他にも海南市内の下津に下津分校(3年制または4年制で、そのうちのいずれかを選択できる自由選択式定時制)がある。スーパーサイエンスハイスクール (SSH) に指定されている。男女共学

沿革編集

  • 1922年 - 和歌山県立海南中学校設立。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により旧制和歌山県立海南中学校から備品を譲り受け、5月10日に開校。
  • 2008年 - 和歌山県立大成高等学校と統合し和歌山県立海南高等学校海南校舎となる。
  • 2010年 - 大成高校美里分校を海南高校分校に移管。
  • 2014年 - 第86回選抜高等学校野球大会に出場。海南高校としては50年ぶりだが、高野連は大成校舎が大成高校時代に出場した2回(第54回・第59回)も海南高校の出場記録に含めており、27年ぶりの出場としている。ベンチ入りメンバーには大成校舎の在籍者も含まれていた[1]

進路編集

卒業生の多くは四年制大学短期大学専門学校大学校に進学する。国公立大学では地元和歌山大学の合格者が大部分、私立では近畿大学の合格者がかなり多い。しかしながら、進学者だけではなく就職者も少なからずいる。

制服編集

著名な卒業生編集

旧制和歌山県立海南中学校編集

和歌山県立海南高等学校編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集