和歌山県立田辺中学校・高等学校

和歌山県立田辺中学校・高等学校(わかやまけんりつ たなべちゅうがっこう・こうとうがっこう)は和歌山県田辺市学園にある県立中学校高等学校。高等学校は地元では「田高」(でんこう)と呼ばれている。

和歌山県立田辺中学校・高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 和歌山県の旗 和歌山県
学区 全県一学区
併合学校 和歌山県立田辺中学校
和歌山県立田辺高等女学校
和歌山県立田辺商業学校
田辺市立田辺高等家政女学校
校訓 合理的な思考
豊かな情操
積極的な行動
設立年月日 1896年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
自然科学科
学期 3学期制
高校コード 30127C
所在地 646-0024
和歌山県田辺市学園1-71
外部リンク 高等学校公式サイト
中学校公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

設置学科編集

概要編集

1948年昭和23年)4月に和歌山県立田辺中学校(明治29年創立)・和歌山県立田辺高等女学校(明治39年創立)・和歌山県立田辺商業学校(大正5年創立)・田辺市立田辺高等家政女学校(昭和2年創立)の旧制4校を母体とする形で創立した。

2006年平成18年)4月10日には併設の中学校が開校し、併設型中高一貫校になった。和歌山県立中学校は2006年4月7日まで和歌山県立向陽中学校和歌山市)のみであったが、同日和歌山県立古佐田丘中学校橋本市、県立橋本高校に併設)が開校している。田辺中学校は古佐田丘中学校に続く3校目の県立中学校となった。

沿革編集

  • 1948年4月 - 学制改革により旧制4校を母体として創立。普通科、商業科、家庭技芸科を設置した。初代校長は佐藤要三。
  • 1948年5月10日 - 旧田辺中学校校舎・旧田辺家政校舎・旧中部中学校校舎を使用して開設(現在は田辺市役所の敷地となっている)
  • 1968年11月 - 新校舎起工式を挙行
  • 1970年3月17日 - 新校舎の完成により現在の田辺市学園1-71(当時の地名は田辺市神子浜(みこのはま)408番地)へ移転
  • 2006年4月10日 - 和歌山県立田辺中学校(併設型中高一貫校)設置
  • 2009年3月 - 和歌山県立田辺中学校 卒業式 個人情報上撮影禁止の問題が起きる

著名な出身者(旧制田辺中学時代も含む)編集

進学状況編集

卒業式撮影禁止編集

2009年(平成21年)に開校初めての卒業式を行う中学校は、保護者に対して「個人情報保護」を理由にカメラやビデオでの撮影を禁止する旨の通達をした。保護者の撮影について、県の教育委員会は学校側に判断を任せているが、校長は「個人情報保護」とともに、多数の保護者が一斉に撮影をすることで厳粛に式を行うことが難しくなると主張している。この件については新聞やインターネットなどで報道された[1]。しかし、その後の卒業式・入学式等の行事で、撮影禁止などのことは無い。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集