和歌所(わかところ)は、勅撰和歌集の撰述などを行うため、臨時に設置される宮中の役所。

概要編集

古今和歌集』撰進の宣下が実質的な和歌所の始りであるが,正式に設置されたのは,村上天皇天暦5 (951) 年で,『万葉集』の訓点事業,『後撰和歌集』の撰進を行わせた。

天暦5年に、村上天皇が御所の梨壺に設置したのがはじまり。別当開闔 ・寄人により構成された。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集