メインメニューを開く

和氣 慎吾(わけ しんご、1987年7月21日 - )は、日本プロボクサー岡山県岡山市出身[1]。第41代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者、第40代日本スーパーバンタム級王者。古口ボクシングジム所属だったが2017年4月1日付でFLARE 山上ボクシングスポーツに移籍した[2]

和氣 慎吾
Shingo Wake 2013-08-09 08-55.jpg
基本情報
本名 和氣 慎吾
階級 スーパーバンタム級
身長 175cm
リーチ 176cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1987-07-21) 1987年7月21日(32歳)
出身地 岡山県岡山市
スタイル 左ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 26
KO勝ち 18
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

リーゼントがトレードマーク[3]。憧れの選手は同郷の辰吉丈一郎

来歴編集

岡山商科大学附属高等学校在学中、インターハイに出場し、そこで古口ジムの古口哲会長にスカウトされる。

2006年10月31日、後楽園ホール佐藤慎之介と対戦し、1回24秒KO勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。

2007年8月6日、後楽園ホールで久保裕樹バンタム級ノンタイトル4回戦を行い、プロ初黒星となる0-2(37-39、38-39、38-38)の判定負けを喫した。

2007年12月24日、新宿FACE宮本比火地とバンタム級ノンタイトル4回戦を行い、0-1(38-39、39-39、38-38)の判定で引き分けた。和氣はこの試合がプロ初の引分となった。

2008年10月19日、後楽園ホールで大石秀人スーパーバンタム級ノンタイトル4回戦を行い、3-0(40-37、40-37、39-37)の判定勝ちを収めた。

2009年11月7日、後楽園ホールで後のWBOインターナショナルスーパーバンタム級王者石本康隆とスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦を行い、0-3(73-80、73-79、73-79)の判定負けを喫した。

2010年2月15日、後楽園ホールで石田將大とスーパーバンタム級ノンタイトル6回戦を行い、3-0(59-55、59-56、58-56)の判定勝ちを収めた。

2010年7月26日、後楽園ホールで高橋勇治フェザー級ノンタイトル6回戦を行い、3-0(59-55、59-55、59-56)の判定勝ちを収めた。

2010年11月15日、後楽園ホールで岡畑良治と56.5 Kg契約8回戦を行い、6回2分1秒TKO勝ちを収めた。

2011年4月7日、後楽園ホールで岸裕機とスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦を行い、8回57秒TKO勝ちを収めた。

2011年10月1日、後楽園ホールでコーチ義人とスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦を行い、1-1(76-77、77-76、76-76)の判定で引き分けた[4]

2012年5月11日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級9位で日本スーパーバンタム級2位の中嶋孝文と56.0 Kg契約8回戦を行い、0-3(74-77、75-77、75-77)の判定負けを喫した。

2012年7月11日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級10位で日本スーパーバンタム級11位のジョナタン・バアトとスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦を行い、3-0(78-74、78-74、77-74)の判定勝ちを収めた。

2012年7月26日、JBCは最新ランキングを発表し、和氣を日本スーパーバンタム級11位にランクインした[5]

2013年3月10日、神戸サンボーホールでOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者小國以載と対戦。試合は2回にダウンを奪い、10回終了間際に連打を浴びせ、この回のインターバルで小國陣営が棄権を申し出たため試合がストップ、番狂わせで王座奪取に成功した[3]

2013年6月10日、後楽園ホールでWBA世界スーパーバンタム級5位の菊地永太と対戦し、9回2分24秒TKO勝ちを収めOPBF王座の初防衛に成功した[6]

2013年10月14日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級1位のジュンリエル・ラモナル(フィリピン)と指名試合を行い、3回2分12秒TKO勝ちを収めOPBF王座の2度目の防衛に成功した[7]

2014年2月10日、後楽園ホールでWBC世界スーパーフライ級ユース王者でOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級12位のジョビー・カツマタと対戦し、2回1分14秒KO勝ちを収め3度目の防衛に成功した[8]

2014年7月21日、岡山武道館で韓国スーパーバンタム級王者でOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級1位の李ジェーソンと対戦し、10回24秒TKO勝ちを収めOPBF王座の4度目の防衛に成功した[9]

2014年10月28日、同年11月22日にイギリスでWBA世界スーパーバンタム級正規王者スコット・クィッグとの対戦が決まるが、体調不良(トレーニング中に足首負傷)で欠場を決めた[10][11]

2014年12月8日、同年12月31日にWBAWBO世界スーパーバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドウとの対戦が和氣本人も了承して一度は内定するが、フジテレビTBSの和氣争奪戦や古口会長とのコミュニケーション不足から、和気は独断でリゴンドウ戦を回避。和氣が詳しい説明もないままジムと連絡を絶ち音信不通となったことで、リゴンドウ戦は消滅した。その後、リゴンドウ戦のプロモーターである協栄ジム金平桂一郎会長が動いてOPBF東洋太平洋フェザー級王者である天笠尚がリゴンドウに挑戦することが急遽決まった[12]

2015年2月27日、後楽園ホールで行われた「金平正紀17回忌追悼記念興行」でOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級10位のジミー・パイパと対戦し、初回2分59秒KO勝ちを収めOPBF王座の5度目の防衛に成功した[13]

2015年6月10日、後楽園ホールでIBF世界スーパーバンタム級3位のマイク・タワッチャイIBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦を行い、12回3-0(2者が119-108、118-109)の判定勝ちを収めカール・フランプトンへの挑戦権獲得に成功した[14]

2016年7月20日、大阪府立体育会館井岡一翔VSキービン・ララの前座でカール・フランプトンの王座返上に伴いIBF世界スーパーバンタム級2位のジョナサン・グスマンとIBF世界スーパーバンタム級王座決定戦を行ったが、2回に2度のダウンを奪われ、その後も3回と5回にダウンを喫するなど劣勢に追い込まれ、何とか終盤まで粘りを見せたが11回2分16秒、レフェリーが試合を止めて和氣にTKO負けが宣せられ、王座獲得はならなかった[15][16][17]

2017年7月19日、後楽園ホールで元日本スーパーバンタム級暫定王者瀬藤幹人と8回戦を行い、5回2分31秒TKO勝ちを収め再起した[18]

2017年9月13日、大阪府立体育会館でWBA世界バンタム級7位のパノムルンレック・ガイヤーンハーダオジムとスーパーバンタム級8回戦を行い、8回2分45秒KO勝ちを収めた[19]

2017年12月31日、大田区総合体育館でアドゥンデット・サイトーンジムとスーパーバンタム級8回戦を行い、3回1分40秒TKO勝ちを収めた[20]

2018年4月17日、後楽園ホールで開催された「DANGAN211」にてローマン・カントとフェザー級8回戦を行い、4回2分50秒TKO勝ちを収めた[21]

2018年4月26日、JBCは和氣を日本スーパーバンタム級1位にランクインした[22]

2018年7月27日、後楽園ホールで日本スーパーバンタム級王者久我勇作と日本バンタム級タイトルマッチを行い、10回35秒TKO勝ちを収め日本王座初戴冠に成功した[23]

2018年11月8日付で日本スーパーバンタム級王座を返上した[24]

2019年1月19日、後楽園ホールで中嶋孝文と6年8か月ぶりにスーパーバンタム級10回戦で対戦し、6回2分20秒TKO勝ちを収めた[25]

2019年10月11日、後楽園ホールでジュンリエル・ラモナルと対戦。しかし3回にラモナルの左フックでダウン、ラウンド終了間際に再びラモナルの左フックが決まりダウンを喫し、ノーカウントでストップ。3回2分59秒TKO負けを喫した[26]

戦績編集

  • アマチュア:24戦15勝(9KO・RSC)9敗
  • プロボクシング:34戦 26勝(18KO)6敗 2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年10月31日 KO 佐藤慎之介(石丸)   日本 プロデビュー戦
2 2007年4月18日 KO 飯田允胤   日本
3 2007年5月29日 4R 判定3-0 小関剣太   日本
4 2007年8月6日 4R 判定0-2 久保裕樹(横浜さくら   日本
5 2007年12月24日 4R 判定0-1 宮本比火地   日本
6 2008年5月16日 4R 判定0-3 洞平勝賢   日本
7 2008年10月9日 判定3-0 大石秀人(セレス   日本
8 2009年3月24日 判定3-0 阿部博明(P堀口)   日本
9 2009年7月31日 3R 1:45 TKO 太田ユージ(ヨネクラ   日本
10 2009年11月7日 8R 判定0-3 石本康隆帝拳   日本
11 2010年2月15日 6R 判定3-0 石田将大(本多)   日本
12 2010年7月26日 6R 判定3-0 高橋勇治(横浜光   日本
13 2010年11月15日 6R 2:01 TKO 岡畑良治(セレス)   日本
14 2011年4月7日 8R 0:57 TKO 岸裕機(野口   日本
15 2011年10月1日 5R 判定1-1 コーチ義人(角海老   日本
16 2012年5月11日 8R 判定0-3 中嶋孝文(ドリーム   日本
17 2012年7月11日 8R 判定3-0 ジョナタン・バァト(カシミ)   フィリピン
18 2012年11月3日 8R 判定3-0 山口卓也(レイスポーツ)   日本
19 2013年3月10日 10R終了 TKO 小國以載(VADY)   日本 OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
20 2013年6月10日 9R 2:24 TKO 菊地永太(真正   日本 OPBF王座防衛1
21 2013年10月14日 3R 2:12 TKO ジュンリエル・ラモナル   フィリピン OPBF王座防衛2
22 2014年2月10日 2R 1:14 KO ジョビー・カツマタ(勝又)   フィリピン OPBF王座防衛3
23 2014年7月21日 10R 0:27 TKO 李ジェーソン   韓国 OPBF王座防衛4
24 2015年2月27日 1R 2:59 KO ジミー・パイパ   フィリピン OPBF王座防衛5
25 2015年6月10日 12R 判定3-0 マイク・タワッチャイ   タイ IBF世界スーパーバンタム級王座挑戦者決定戦
26 2016年2月17日 5R 1:25 KO ワルド・サブ   インドネシア
27 2016年7月20日 11R 2:16 TKO ジョナタン・グスマン   ドミニカ共和国 IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦
28 2017年7月19日 5R 2:31 TKO 瀬藤幹人協栄   日本
29 2017年9月13日 8R 2:45 KO パノムルンレック・CPフレッシュマート   タイ
30 2017年12月31日 3R 1:40 KO アドゥンデット・コンウォン   タイ
31 2018年4月17日 4R 2:50 TKO ローマン・カント   フィリピン
32 2018年7月27日 10R 0:36 TKO 久我勇作ワタナベ   日本 日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
33 2019年1月19日 6R 2:20 TKO 中嶋孝文(T&H   日本
34 2019年10月11日 3R 2:59 TKO ジュンリエル・ラモナル   フィリピン
テンプレート

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 和氣選手「世界ねらう」 岡山市長に初防衛報告 MSN産経ニュース 2013年7月17日
  2. ^ 和氣慎吾が移籍完了、心機一転再び世界目指す Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月10日
  3. ^ a b リーゼント和気が小国を破り新王者 デイリースポーツ 2013年3月10日
  4. ^ 高山、韓国新人王をストップ ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月1日
  5. ^ 2012年7月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年7月26日
  6. ^ 和氣が9回TKOで初防衛 OPBF・S・バンタム級 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年6月10日
  7. ^ 和氣がV2、指名挑戦者を3回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月14日
  8. ^ 和氣がジョビーを一蹴、2回KOでV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月10日
  9. ^ 和氣、故郷で苦闘V4 李を10回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月21日
  10. ^ 異色ボクサー大竹秀典に世界獲りチャンス”. nikkansports.com (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  11. ^ Shingo Wake Injured, Scott Quigg Seeks New 11/22 Foe”. Boxing Scene.com (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  12. ^ 異色のリーゼント王者が事実上の引退危機”. THE PAGE (2014年12月8日). 2014年12月18日閲覧。
  13. ^ 和氣慎吾、初回ワンパンチKOで5度目の防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月27日
  14. ^ 和氣慎吾が判定勝ち、IBF・S・バンタム級挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月10日
  15. ^ Guzman wins vacant IBF 122lb belt Fightnews.com 2016年7月20日
  16. ^ 和気、11回TKO負けで王座逃す 4度ダウンも前出続けた スポニチアネックス 2016年7月20日
  17. ^ 和氣慎吾4度ダウン、グスマンに11回TKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月20日
  18. ^ 和氣慎吾が瀬藤幹人をTKO、1年ぶりの復帰戦勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月19日
  19. ^ 和氣慎吾がWBA7位KO、陣営は年末の世界再挑戦希望 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月13日
  20. ^ 京口紘人がIBFミニマム級V1 攻め続けて8回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月31日
  21. ^ 和氣慎吾がTKO勝ち「久我選手に勝つ自信は100%」 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月17日
  22. ^ 改定日本ランキング 和氣慎吾と粟生隆寛が1位に Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月26日
  23. ^ 注目対決は和氣慎吾の圧勝 久我に10回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月27日
  24. ^ 最強挑戦者出そろう S・バンタム級の和氣は王座返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年11月8日
  25. ^ 和氣慎吾が中嶋孝文に雪辱で世界アピール 阿部麗也は“ポリスボクサー”杉田を完封 Boxing News(ボクシングニュース)
  26. ^ WBC2位の和氣慎吾 伏兵にまさかのTKO負け Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月11日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
小國以載
第41代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者

2013年3月10日 - 2015年11月4日(返上)

空位
次タイトル獲得者
久保隼
空位
前タイトル保持者
久我勇作
第40代日本スーパーバンタム級王者

2018年7月27日 -2018年11月8日(返上)

次王者
田村亮一