メインメニューを開く

和泉 洋人(いずみ ひろと、1953年5月18日 - )は、日本建設官僚学位博士(工学)東京大学2001年)。内閣総理大臣補佐官(国土強靱化及び復興等の社会資本整備、地方創生、健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術イノベーション政策担当)

いずみ ひろと
和泉 洋人
Hiroto Izumi 201702.jpg
生誕 (1953-05-18) 1953年5月18日(66歳)
日本の旗 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学工学部卒業
職業 内閣総理大臣補佐官
(国土強靱化及び
復興等の社会資本整備、
地方創生、健康・医療に関する
成長戦略並びに科学技術
イノベーション政策担当)

内閣官房都市再生本部事務局次長国土交通省大臣官房審議官(住宅局担当)国土交通省住宅局局長、内閣官房地域活性化統合事務局局長、内閣官房参与(国家戦略担当)内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化担当)内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地域活性化並びに健康・医療に関する成長戦略担当)内閣総理大臣補佐官(国土強靱化及び復興等の社会資本整備、地方創生並びに健康・医療に関する成長戦略担当)などを歴任した。

概要編集

神奈川県横浜市出身の建設官僚である。東京大学工学部を卒業し、建設省に入省した。高崎市役所へ出向を経て、建設省にて建設省住宅局住宅生産課の課長などを務めた。中央省庁再編後は国土交通省に所属し、国土交通省住宅局住宅総合整備課の課長を経て、内閣官房に出向し都市再生本部事務局次長を務めた。国土交通省に戻ると、大臣官房審議官を経て住宅局の局長に就任した。その後、再び内閣官房に出向して地域活性化統合事務局の局長を務め、それを最後に2012年9月、国土交通省を退官した。後任の地域活性化統合事務局長には建設省入省同期の加藤利男都市局長が就いた。

 翌10月、民主党・野田政権時代に内閣官房参与として官邸入りをした。 そのまま安倍首相が留任(2017年7月10日の国会で菅官房長官の発言)させる。安倍政権発足後は内閣官房参与(国家戦略担当)を経て、内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化担当)となるなど、閣内の要職を歴任した。その後、内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地域活性化並びに健康・医療に関する成長戦略担当)を経て、内閣総理大臣補佐官(国土強靱化及び復興等の社会資本整備、地方創生並びに健康・医療に関する成長戦略担当)となった。

人物編集

 
2016年11月29日、「薬剤耐性へらそう!」応援大使委嘱式にて

著書編集

脚注編集

外部リンク編集


先代:
中島正弘
内閣官房地域活性化統合事務局長
2009年 - 2012年
次代:
加藤利男