メインメニューを開く

和泉 竜司(いずみ りゅうじ、1993年11月6日 - )は、三重県四日市市出身のプロサッカー選手Jリーグ名古屋グランパス所属。ポジションはミッドフィールダー

和泉 竜司 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イズミ リュウジ
ラテン文字 Izumi Ryuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-11-06) 1993年11月6日(25歳)
出身地 三重県四日市市
身長 173cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション DF / MF / FW
背番号 29
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- 名古屋グランパス 82 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

プロ入り前編集

高校時代、市立船橋高校において、全国高校総体で全国制覇、得点王に輝いた(2010年)。全国高校サッカー選手権大会では、決勝で2ゴールを挙げる活躍で全国制覇に貢献した(2011年)。

2012年に加入した明治大学では、1年時からレギュラーを獲得。1年時は先輩の三田啓貴がトップ下に定着しており、当初は右サイドでプレー[1]。三田が卒業した2年時からはトップ下にポジションを移した[2]。2年時、4年時に関東大学1部リーグのベストイレブン。4年時にはベストヒーロー賞も受賞。大学No.1アタッカーと称され、4年時の全日本大学サッカー選手権大会では、明治大は準決勝で姿を消したものの、名実ともに大学サッカー界の”顔”であるとされた[3]

名古屋グランパス編集

2016年、名古屋グランパスに加入[4]。5月4日、第10節の横浜F・マリノス戦でプロ入り初得点。2017年、左サイドバック、左ウイングバック、ボランチ、インサイドハーフ、ウイング、3バックのストッパーの6つのポジションで起用され、ポリバレントな働きを見せた[5]

エピソード編集

  • 2011年度の全国高校サッカー選手権大会では、高校サッカーファンが選ぶ選手権MVPに選出された[6]
  • 明治大学在籍時の監督が指導してきた中で印象に残っている選手について尋ねられた際、「和泉竜司はなかなか見たことがないレベルの選手なので、彼にはこの先の日本サッカーを引っ張っていく存在になってほしいなと、一サッカーファンとして思っています。」と答えた[7]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴
  • 2016年 -   名古屋グランパス

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 名古屋 29 J1 14 1 2 0 1 0 17 1
2017 J2 36 1 - 1 0 37 1
2018 J1 32 2 3 0 2 0 37 2
2019
通算 日本 J1 46 3 5 0 3 0 54 3
日本 J2 36 1 - 1 0 37 1
総通算 82 4 5 0 4 0 91 4

その他の公式戦

代表歴編集

  • 日本高校サッカー選抜
    • NEXT GENERATION MATCH(2012年)
  • U-19日本代表候補(2012年)
  • U-20日本代表(2013年)
  • 全日本大学選抜

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集