和泉郡

和泉国・堺県・大阪府にあった郡
大阪府和泉郡の範囲

和泉郡(いずみぐん)は、かつて和泉国堺県大阪府にあった泉郡と表記することも多く、近世にはほとんど泉郡と表記されている。

郡域編集

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

歴史編集

古代編集

編集

和名類聚抄』に記される郡内の

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
和泉郡 28座(並小)
男乃宇刀神社 二座 ヲノウトノ 男乃宇刀神社 大阪府和泉市仏並町
博多神社 ハカタノ 伯太神社 大阪府和泉市伯太町
夜疑神社 ヤキノ 夜疑神社 大阪府岸和田市中井町
泉穴師神社 二座 -アナシノ 泉穴師神社 大阪府泉大津市豊中町 和泉国二宮 [1]
兵主神社 兵主神社 大阪府岸和田市西之内町
粟神社 アハノ 合祀:大津神社 大阪府泉大津市若宮町
曽祢神社 ソネノ 曽彌神社 大阪府泉大津市曽根町
泉井上神社 -ヰノヘノ
イツミノヰノウヘノ
泉井上神社 大阪府和泉市府中町
阿理莫神社 アリホノ
アリマ
阿里莫神社 大阪府貝塚市久保
山直神社 ヤマナヲノ
-ナホ
山直神社 大阪府岸和田市内畑町
矢代寸神社 二座 ヤシロノ- 矢代寸神社 大阪府岸和田市八田町
穂椋神社 ホクラノ 合祀:春日神社 大阪府和泉市三林町
和泉神社 イツミノ 和泉神社 大阪府和泉市府中町 泉井上神社境内社
楠本神社 クスモトノ 楠本神社 大阪府岸和田市包近町
淡路神社 アハチノ 淡路神社 大阪府岸和田市摩湯町
意賀美神社 オカミノ 意賀美神社 大阪府岸和田市土生滝町
波多神社 ハタノ 波多神社 大阪府岸和田市畑町
積川神社 五座 ツガハノ
ツミ-
積川神社 大阪府岸和田市積川町 和泉国四宮 [2]
丸笠神社 マロカサ 丸笠神社 大阪府和泉市伯太町 伯太神社境外社
旧府神社 フルフノ
キウフ
舊府神社 大阪府和泉市尾井町 信太森神社境外社
聖神社 ヒシリノ 聖神社 大阪府和泉市王子町 和泉国三宮 [3]
凡例を表示

中世編集

13世紀頃 - 八木、山直、掃守、木島の4郷を南郡として分割。

近世編集

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社等の除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が、◆は御旅所(同左)が存在。なお旧高旧領取調帳では岸和田藩領分が助松村、一条院村、宇多大津村の3村にあり、後に岸和田県管轄と記載しているが、「大阪府全志」[1]や「角川地名辞典」などではこれらもすべて岸和田藩預地だったとする。(85村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領(小堀数馬支配所) 3村 ○福瀬村、○北田中村、○岡村
幕府領(松永善之助支配所) 1村 ●槙尾山
幕府領(岸和田藩預地 1村 ○宇多大津村
幕府儒官林氏 1村 尾井千原村
一橋徳川家 39村 ○池田下村、○坂本村、坂本新田、伏屋新田、○万町村、○浦田村、舞村、○上代村、○上村、○王子村、○富秋村、○太村、○◆中村、○千原村、○二田村、○北曽根村、○南曽根村、○森村、南王子村、○今在家村、○桑原村、○府中村、○黒鳥村、○池浦村、○辻村、○穴田村、○虫取村、○長井村、宮村、○上馬瀬村[2]、○下馬瀬村[2]、○寺田村、○寺門村、○今福村、○観音寺村、○小田村、○内畑村、○箕形村、綾井村[3]
藩領 下総関宿藩 15村 ○室堂村、○和田村、○黒石村、鍛冶屋村、○平井村、○納花村、○春木村、○久井村、○下宮村、○国分村、○唐国村、○●松尾寺村、○内田村、○九鬼村、○小野田村
和泉吉見藩 8村 ○父鬼村、○若樫村、○南面利村、○善正村、○大野村、○仏並村、○坪井村、●○大沢村[4]
和泉伯太藩 4村 ○春木川村、○伯太村、○板原村、○下条大津村
大和小泉藩 4村 ○池上村、○肥子村、○豊中村、○北出村
山城淀藩 4村 井ノ口村、○忠岡村、○高月村、○和気村
和泉岸和田藩 2村 ○助松村、○一条院村
幕府領・藩領 幕府領(小堀)・関宿藩 1村 ○三林村
その他 熊本藩家臣長岡氏・医師施薬院宗伯・幕府儒官林氏・一橋徳川家 1村 ○尾井村
寺社除地 1村 小野新田

近代編集

  • 1868年(慶応4年)
  • 明治初年
    • 吉見藩領のうち仏並村および大野村の一部が堺県の管轄となる。
    • 幕府領のうち福瀬村・北田中村が吉見藩の管轄となる。
  • 1869年(明治2年)
    • 2月 - 関宿藩領が堺県に移管。
    • 8月 - 一橋徳川家領が堺県に移管。
  • 1870年(明治3年)
    • 2月 - 岸和田藩預地が堺県に移管。この時堺県へ移管された村名には助松村、一条院村、宇多大津村も含まれ、本郡内の岸和田藩領(または預地)は消滅[1]
  • 1871年(明治4年)
  • 1874年(明治7年)1月22日 - 大区小区制の堺県での施行により、和泉国第2大区となる。
  • 1875年(明治8年) - 上馬瀬村・下馬瀬村が合併して馬瀬村となる。(84村)
  • 1880年(明治13年)
    • 4月15日 - 郡区町村編制法の堺県での施行により、行政区画としての和泉郡が発足。堺区大町東4丁の祥雲寺に「湊郡役所」が設置され、大鳥郡とともに管轄したが、まもなく「大鳥和泉郡役所」に改称。
  • 1881年(明治14年)2月7日 - 第2次府県統合により大阪府の管轄となる。郡役所を大鳥郡長承寺村に移転。
  • 1887年(明治20年) - 辻村・長井村が合併して我孫子村となる。(83村)
 
31.信太村 32.上条村 33.国府村 34.大津村 35.穴師村 36.忠岡村 37.南王子村 38.郷荘村 39.伯太村 40.北池田村 41.北松尾村 42.南池田村 43.南横山村 44.東横山村 45.西横山村 46.南松尾村 47.山滝村 (桃:和泉市 橙:泉大津市 水色:岸和田市 青:合併なし。1 - 23は大鳥郡 *は発足時の堺市)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は現・和泉市。(17村)
    • 信太村 ← 太村、中村、上村、舞村、上代村、王子村、尾井村、富秋村、小野新田
    • 上条村 ← 助松村、千原村、尾井千原村、森村、綾井村、南曽根村、北曽根村、二田村(現・泉大津市)
    • 国府村 ← 府中村、井ノ口村、肥子村、和気村、小田村
    • 大津村 ← 下条大津村、宇多大津村(現・泉大津市)
    • 穴師村 ← 池浦村、豊中村、板原村、我孫子村、穴田村、宮村、虫取村(現・泉大津市)
    • 忠岡村 ← 忠岡村、馬瀬村、北出村、高月村(現・忠岡町)
    • 南王子村(単独村制)
    • 郷荘村 ← 今在家村、観音寺村、桑原村、一条院村、坂本村、寺門村、今福村
    • 伯太村 ← 伯太村、池上村、黒鳥村
    • 北池田村 ← 池田下村、坂本新田、伏屋新田、室堂村
    • 北松尾村 ← 唐国村、寺田村、箕形村、内田村
    • 南池田村 ← 納花村、万町村、和田村、三林村、浦田村、鍛冶屋村、平井村、国分村、黒石村
    • 南横山村 ← 父鬼村、大野村
    • 東横山村 ← 福瀬村、岡村、九鬼村、槙尾山、善正村、南面利村
    • 西横山村 ← 小野田村、下宮村、北田中村、坪井村、仏並村
    • 南松尾村 ← 久井村、春木村、松尾寺村、若樫村、春木川村
    • 山滝村 ← 内畑村、大沢村(現・岸和田市)
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 郡制の施行により、大鳥郡・和泉郡の区域をもって泉北郡を設置。同日和泉郡廃止。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 井上正雄, 『大阪府全志 巻之一』, 426-429頁 (1922年).
    も同様である。
  2. ^ a b 記載は馬瀬村1村。
  3. ^ 「旧高旧領取調帳」では大鳥郡として記載。
  4. ^ 寺社領は牛滝村として別に記載。

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
泉北郡