メインメニューを開く

和泉 (防護巡洋艦)

大日本帝国海軍の防護巡洋艦

和泉(いずみ)は、日本海軍防護巡洋艦。艦名は旧国名和泉国」にちなんで名づけられた。元はチリ海軍所属、世界初の防護巡洋艦[要出典]エスメラルダ」(スペイン語: Esmeralda、「エメラルド」の意味)。「エスメ」ラルダと「和泉」の音の類似に基づく命名[要出典]

和泉
1908年、佐世保にて
1908年、佐世保にて
基本情報
建造所 アームストロング社エルジック造船所
運用者 チリ海軍
Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍(1895年〜)
艦種 防護巡洋艦
級名 和泉型防護巡洋艦
艦歴
起工 1881年4月5日
進水 1883年6月16日[要出典]
竣工 1884年7月15日
就役 1884年10月16日
その後 1894年11月25日に日本海軍が購入、1895年1月8日に艦籍に編入
1912年4月1日に除籍、1913年1月15日 売却解体
改名 エスメラルダ(建造時)
和泉(1895年〜)
要目
常備排水量 2,950 トン
全長 82.2 m
最大幅 12.8 m
吃水 5.6 m
機関 二軸レシプロ蒸気機関
ボイラー ベルヴィール石炭専焼缶 4基
出力 5,500 hp
速力 18.0 ノット
燃料 石炭600t
乗員 300名
兵装 安式30口径25.4cm単装砲 2基(1902年以降は安式45口径15.2cm単装速射砲 2基)
安式40口径15.2cm単装砲 6基(1902年以降は安式40口径12cm単装速射砲6基)
5.7cm砲 2基
40mm砲 5基
機銃 2挺
35.6cm(後に45.7cm)水上魚雷発射管 3門
装甲 甲板水平部:12mm
甲板傾斜部:25mm
その他 信号符字:GQHB(1894年〜)[1]
テンプレートを表示

艦歴編集

1881年、イギリスニューカッスルアームストロング社のエルジック[2]造船所で起工、1884年に竣工した。1894年に日清戦争に伴う戦力増強のため、チリ政府から日本海軍が購入した。この時チリは中立を維持するために、「エスメラルダ」を一旦エクアドル政府に売却してから日本に売り渡した[3]。引き渡しはガラパゴス諸島で行われ、日本に到着するまでエクアドル国旗は降ろされなかった[4]

1895年(明治28年)1月8日、艦籍に編入され「和泉」と命名、横須賀鎮守府の所管と定められた[5]2月5日横須賀に到着し、金州警備に従事した。

1898年(明治31年)3月から翌年にかけて、横須賀造船廠で主罐を換装した。3月21日、三等巡洋艦に類別。

1900年(明治33年)の義和団の乱では厦門警備に従事した。

1901年(明治34年)から翌年にかけて横須賀造船廠で主砲の安式(アームストロング)30口径25.4cm単装砲2基を安式45口径15.2cm単装速射砲2基に換装した。同時に副砲の安式40口径15.2cm単装砲6基を安式40口径12cm単装速射砲6基に換装した。また魚雷発射管を35.6cmから45.7cmに換装した。ファイティング・トップ(ミリタリーマストの速射砲を据えるスペース)も撤去された。

1903年(明治36年)12月28日、第三艦隊(司令長官:片岡七郎中将、旗艦:防護巡洋艦厳島)隷下の第六戦隊(須磨(戦隊旗艦)、和泉千代田秋津洲、司令官:東郷正路少将)に配属される。

日露戦争に際しては、旅順攻略作戦対馬海峡警備、日本海海戦樺太作戦等に参加した。日本海海戦では、(1905年5月27日の)午前6時過ぎに仮装巡洋艦信濃丸からバルチック艦隊への触接任務を引き継いだ。また装甲巡洋艦ヴラジーミル・モノマフ」と砲戦を行った。

1912年(明治45年)4月1日に除籍され、翌年1月13日に売却、1月15日に引き渡され長崎で解体された。

和泉の船首に付いていた菊花紋章は現在、記念艦三笠内に展示されている。

艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 島崎好忠 大佐:1895年2月20日 - 1896年6月5日
  • 高木英次郎 大佐:1896年6月5日 - 1896年11月17日
  • 早崎源吾 大佐:1896年11月17日 - 1898年3月11日
  • 斎藤孝至 大佐:1899年9月29日 - 1900年9月25日
  • 成田勝郎 大佐:1900年9月25日 - 1901年5月16日
  • 八代六郎 大佐:1901年10月1日 - 10月21日
  • 鏑木誠 大佐:1901年11月13日 - 1902年10月23日
  • 和田賢助 大佐:1902年10月23日 - 1903年4月12日
  • 池中小次郎 中佐:1903年9月26日 -
  • 石田一郎 大佐:1905年5月8日 - 12月12日
  • 茶山豊也 大佐:1905年12月12日 - 1906年4月1日
  • 真野巌次郎 大佐:1906年9月28日 - 1907年2月4日
  • (兼)荒川規志 大佐:1907年2月4日 - 2月28日
  • 東郷吉太郎 中佐:1907年2月28日 - 9月28日
  • 山口九十郎 大佐:1907年9月28日 - 1908年9月25日
  • 森義臣 大佐:1908年9月25日 - 11月20日
  • 高木七太郎 中佐:1908年12月10日 - 1909年7月10日
  • 舟越楫四郎 中佐:1909年7月10日 - 10月11日
  • 小林恵吉郎 中佐:1909年12月1日 - 1911年12月1日

エルジック・クルーザー編集

本艦はいわゆるエルジック・クルーザーの原点である。これはエスメラルダがアームストロング社のエルジック造船所で建造されたことに由来する呼称だが、本艦と同形式の設計で造られた防護巡洋艦は、他の造船所で建造されていてもエルジック・クルーザーいう俗称で呼ばれる。

日本のエルジック・クルーザー編集

脚注編集

  1. ^ #信号符字点附 画像1『三月七日 軍艦和泉ヘ點附ノ信號符字 ○逓信省告示第五十號 軍艦和泉ヘ點附ノ信號符字ハ左ノ如シ 明治二十八年三月七日 逓信大臣伯爵黑田淸隆 信號符字 艦名 GQHB 和泉 Idzumi』
  2. ^ Elswick。英語読みならエルジック、米語読みならエルスウィック。
  3. ^ 細野昭雄 (2012年1月). “特別寄稿 「坂の上の雲」の時代の日本とラテンアメリカ (PDF)”. 国際開発研究者協会. 2018年8月21日閲覧。
  4. ^ Mario Barros Van Buren, "Historia Diplomatica de Chile, 1541-1938", Editorial Andres Bello, 2nd Edition 1958, page 547, gbooks
  5. ^ #28年達完 画像1『達第一號 今般購入ノ軍艦ヲ和泉ト命名セラル 明治二十八年一月八日 海軍大臣伯爵西郷從道 達第二號 軍艦和泉ヲ横須賀鎭守府所管ト定メラル 明治二十八年一月八日 海軍大臣伯爵西郷從道』

参考資料編集

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』光人社、1989年。 ISBN 4-7698-0455-5
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • 『明治28年 達 完:1月』。Ref.C12070034700。
    • 『公文類聚・第十九編・明治二十八年・第二十七巻・交通(郵便~船車):軍艦和泉ヘ點附ノ信號符字』。Ref.A15113036700。

関連項目編集

  • 嶋田繁太郎 - 少尉候補生として乗艦、日本海海戦に参加