和田周

日本の俳優

和田 周(わだ しゅう、1938年(昭和13年)8月6日 - 2020年(令和2年)4月23日)は、日本の俳優声優劇作家演劇組織「夜の樹」主宰。現代制作舎所属。身長166cm。体重62kg。

わだ しゅう
和田 周
本名 和田 周
生年月日 (1938-08-06) 1938年8月6日
没年月日 (2020-04-23) 2020年4月23日(81歳没)
出生地 東京府東京市麻布区
(現:東京都港区
出身地 鹿児島県(中学・高校)[1]
死没地 東京都[要出典]
身長 166 cm
血液型 O型
職業 俳優、劇作家
配偶者 瀬畑奈津子
著名な家族 和田維四郎(祖父)
大坪砂男(父)
虚淵玄(子)
事務所 現代制作舎
公式サイト 公式サイト
主な作品

舞台「せチュアンの善人」「オッペケペ」「イカ消しゴム」

「肉弾」「雨季」夜の樹公演等> 映画「反軍NO4」「not long at night」「断食芸人」「マジックユートピア」
テンプレートを表示

人物編集

1938年東京府(現:東京都)の東京市麻布区にて、和田六郎(大坪砂男)を父に生まれる。神奈川県鎌倉市への転居を経て、長野県佐久郡に疎開しそこで終戦を迎える[2][3]。父と母の別居後に、母の郷里である鹿児島県に引っ越す[2]。中学3年生で重富村立重富中学校で一時転入し、秋に鹿児島市立甲南中学校へ転校して卒業した後、鹿児島県立甲南高等学校に入学し、美術部と演劇部に所属する[3]。高校卒業後に俳優を目指して上京し、劇団俳優座付属養成所で学ぶ[3]。俳優座養成所卒業後は、推理作家である父と新宿で延べ4年同居する[2]。劇団「新人会」、「兆」、東京俳優生活協同組合を経て、1980年瀬畑奈津子らと演劇組織「夜の樹」を結成[3]

特技は鹿児島弁[1]大型ダンプバスミキサー車の運転[1]

2020年4月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のため死去[4][5]。81歳没。

家族・親族編集

[6]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和田維四郎
 
和田義比
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大坪砂男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
瀬畑奈津子
 
和田周
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虚淵玄
 
 
 
 
 
 

出演編集

映画編集

  • 「可否道」より なんじゃもんじゃ(1963年、松竹) - 二本柳 役
  • 午前中の時間割り(1972年、ATG) - 教師 役
  • 原子力戦争(1978年、ATG) - 小林 役
  • 団地妻 肉欲の陶酔(1979年、にっかつ) - 岡勝昭 役
  • 動乱(1980年、東映) - 白鳥大尉 役
  • 団鬼六 薔薇地獄(1980年、にっかつ) - 沢村和夫 役
  • 裸の大将放浪記(1981年) - 我孫子駅の客C 役
  • 武蔵野心中(1983年、にっかつ) - 編集長 役
  • 泪橋(1983年、東映セントラルフィルム) - 山本 役
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE(1998年) - 警察庁官房長 役
  • GUN CRAZY 裏切りの挽歌 BEYOND THE LOW(2002年、巴里映画・キュームービー)
  • 十七歳(2002年、パル企画
  • KEEP ON ROCKIN'(2003年、東映)
  • 美しい夏キリシマ(2003年、パンドラ) - ラジオの声 役
  • 断食芸人(2016年) - 老僧 役
  • マジックユートピア(2016年) - 老人 役[7]

テレビドラマ編集

方言指導編集

テレビアニメ編集

吹き替え編集

著作編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 現代制作舎 PROFILEでの扱い
  2. ^ a b c 創元推理文庫版〈大坪砂男全集〉全4巻刊行記念 和田周インタビュー(2013年2月5日) 2018年2月20日版InternetArchive
  3. ^ a b c d 旧・夜の樹サイト-戯曲外と呟き 2016年5月13日版InternetArchive、夜の樹サイト-戯曲外と呟き 2019年2月22日閲覧
  4. ^ “俳優の和田周さん死去 81歳 新型コロナウイルス感染 大河「勝海舟」などに出演 脚本家・虚淵玄氏の父”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/25/kiji/20200425s00041000233000c.html 2020年4月26日閲覧。 
  5. ^ わかれ”. 佐藤信の五行日記 (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  6. ^ 『零人 (大坪砂男全集4)』東京創元社 2013年7月27日、p.601
  7. ^ “ポツドール米村亮太朗×柳英里紗共演「マジックユートピア」7月に東京公開”. 映画ナタリー. (2016年6月7日). http://natalie.mu/eiga/news/189852 2016年6月8日閲覧。 
  8. ^ 福島民報』1973年5月2日付夕刊4面。「方言ドラマ大はやり 舞台裏の苦労」

関連項目編集

外部リンク編集