メインメニューを開く

略歴編集

  • 1940年(昭和15年)12月26日 名古屋市に生まれる
  • 1959年(昭和34年) 3月 東京都立日比谷高等学校卒業
  • 1959年(昭和34年) 4月 東京大学入学
  • 1963年(昭和38年) 3月  同理学部数学科卒業(理学士)
  • 1963年(昭和38年) 4月 東京大学大学院数物研究科修士課程入学
  • 1965年(昭和40年) 3月  同課程修了(理学修士)
  • 1965年(昭和40年) 4月 東京大学大学院数物研究科博士課程入学
  • 1966年(昭和41年) 3月  同課程中退
  • 1966年(昭和41年) 4月 東京大学理学部助手
  • 1971年(昭和46年) 4月 上智大学理工学部数学科講師
  • 1974年(昭和49年) 4月  同 助教授
  • 1983年(昭和58年) 4月  同 教授
  • 2006年(平成18年) 3月 上智大学 定年退職
  • 2006年(平成18年) 4月 上智大学 名誉教授
  • 2012年(平成24年)1月7日 死去[1]

学位編集

  • 1981年(昭和56年) 5月 理学博士(九州大学)
論文題目:Some computations on Fermat's last theorem

賞罰編集

  • 1977年(昭和52年) 8月 第13回 L.R.Ford 賞を Mathematical Association of America より協同受賞
受賞論文:Diophantine Representation of the Set of Prime Numbers

所属学会編集

海外渡航および短期出張編集

主な論文編集

  • Mass formula and structure of self-dual codes over   (with K.Nagata, F.Nemenzo), to appear in Designs, Code and Cryptography (2012)
  • On efficient computation of the 2-parts of ideal class groups of quadratic fields (with J. M. Basilla), Proc. Japan Acad. Ser. A Math. Sci. 80 (2004), no.10, 191-193
  • On the Diophantine equation  , Proc. Japan Acad. Ser. A Math. Sci. 79 (2003), no. 5, 99-100
  • "Hasse principle" for free groups (with T. Ono), Proc. Japan Acad. Ser. A Math. Sci. 75 (1999), no.1, 1-2
  • 素因子分解とコンピュータ, 数学, 38 (1986), no. 4, 345-350
  • A remark on the \lambda -invariant of real quadratic fields (with T. Fukuda, K. Komatsu), Proc. Japan Acad. Ser. A Math. 62(1986), no.8, 318-319
  • A note on the Pell equation, Tokyo J. Math. 2(1979), no. 1, 133-136
  • Diophantine representation of the set of prime numbers (with J. P. Jones, D. Sato, D. Wiens), Amer. Math. Monthly 83(1976), no. 6, 449-464
  • 整数論と計算機について, 数学 26(1974), no. 3, 193-200
  • On cubic Galois extensions of  , Proc. Japan Acad. 46(1970), 397-400
  • On the class number and the unit group of certain algebraic number fields, J. Fac. Sci. Univ. Tokyo Sect. I 13(1966), 201-209

主な著書・訳書編集

主な著書(編)編集

  • プラタンBOOKSシリーズ、海文堂出版、1995年(平成7年) 3月 -

一般向け活動編集

  • 「数学セミナー」(日本評論社)の「エレガントな解答をもとむ」に出題57回(1970-1992)ほか記事執筆多数
  • 上智大学コミュニティカレッジ・オープンキャンパス体験授業などに数多く出講

その他(参考)編集

  • 『和田秀男さんを偲ぶ会-パンフレット-』2012.3.17(上智大学2号館5階マルシェ)
  • 鈴木治郎、『和田秀男先生の数学』、国際ICT利用研究学会論文誌、第1巻第1号,102-110、(2017)、ISSN 2433-0205

脚註編集