メインメニューを開く

和田 英松(わだ ひでまつ、慶応元年9月10日1865年10月29日)- 昭和12年(1937年8月20日[1])は、日本の歴史学者(日本史学)・国文学者。文学博士位階勲等従三位勲二等

目次

経歴編集

備後国沼隈郡鞆町(現在の広島県福山市)にて和田五平・イトの二男として出生。1872年、母の生家に託せられ、照蓮寺の三宅某について習字読書を始める。1873年、備後国深津郡新涯小学校に通学し、櫛野瀬平に学ぶ。1874年、医師内海卓爾について習字読書を学ぶ。1878年、玉井正幹について漢籍を学ぶ。1880年、福山師範学校を受験、不合格。以来、宗家の家事を手伝いながら会計を掌り、もっぱら史書を読む。1884年帝国大学文科大学古典講究科入学。帝国大学在学中、本居豊穎から『古事記』、飯田武郷から『日本書紀』、木村正辞から『万葉集』、小杉榲邨から『古語拾遺』『古史徴開題記』、久米幹文から『大鏡』『栄花物語』など、大和田建樹から『枕草子』『徒然草』などの古典籍を教授され、小中村清矩から『令義解』『制度通』、内藤耻叟から『続日本紀』『類聚三代格』、松岡明義から『禁秘抄』『職原抄』などによって、法制史や有職故実を学んだ。1888年、同卒業。

1890年、『古事類苑』嘱託編修員。1892年、日本中学および錦城中学校において国文教師嘱託。1893年、師範学校・尋常中学校・高等女学校国語科教員の免許状を取得。『平安通志』嘱託編纂員。1895年東京帝国大学史料編纂助員となる。1899年、同依願免職。学習院教授。1900年、東京帝国大学史料編纂員。1902年國學院講師を嘱託。1907年、史料編纂官に就任。史料編纂掛勤務の間、『大日本史料』第1・第2・第3・第4・第5篇の編纂にあたった。1918年、『皇室御撰解題』(『列聖全集』)により帝国学士院恩賜賞を受賞。1919年東京高等師範学校講師嘱託[2]1920年、帝国学士院より帝室制度の歴史的研究を嘱託。1921年、「朝儀ニ関スル典籍ノ研究」により、文学博士の学位を受けた[3]1924年、臨時御歴代史実考査委員会委員。1929年二松学舎専門学校教授嘱託。国宝保存会常務委員。1931年、帝国学士院会員[4]。東京帝国大学文学部講師嘱託[5]。史学会評議員。1933年、東京帝国大学史料編纂所退官[6]、同嘱託となり、従三位勲二等に叙された。1937年1月、御講書始に『日本書紀』を進講、同年8月東京にて病歿。享年73。

著書編集

単著編集

編著編集

  • 『列聖全集』(監修)、列聖全集編纂会、大正4年(1915年
  • 『四鏡選』 明治書院、昭和4年(1929年)
  • 『國書逸文』 森克己校訂、昭和15年(1940年)、国書刊行会で復刻、平成7年(1995年

共著編集

  • 増鏡詳解』(佐藤球と共著、全3冊) 明治書院、明治30年(1897年)。大正15年(1926年)、重修(改訂詳解、全1冊)
  • 栄華物語詳解』(佐藤球と共著、全15巻) 明治書院、明治32年(1899年)-明治40年(1907年)
  • 『増鏡通解』 (石川佐久太郎と共著) 明治書院、昭和13年(1938年)

校訂編集

  • 増鏡』〈尾張徳川家本〉、岩波文庫、初版1931年、復刊1997年ほか
  • 水鏡』 岩波文庫、初版1930年、復刊1987年・1996年ほか
  • 大鏡』〈尾張徳川家本〉、岩波文庫、初版1931年、一穂社で復刻版(2005年)

挿話編集

和田は書物をこよなく愛した蔵書家であった。史書を好み、在郷時には頼山陽の『日本外史』などを読んでいたという。面白いことに、和田は古典講習科に入学するまで『徒然草』を知らなかったという。古典講習科在学中、「和本は軽くて歩きながらの勉強に」都合が良いといって、通学時も本を手放すことはなく、「読みたかった本や、珍しいものが手に入った時には、読みながらいつのまにか家についていた」という。

だがその蔵書は関東大震災に際し、灰燼に帰してしまった。深い嘆きと悲しみにくれる中、和田は『古事類苑』を筆頭に蔵書の復興に取り掛かったという。『古事類苑』は日本の制度・社会・文物など諸分野に関する類書である。和田の学問の根底が国学にあったことを窺わせる。

参考図書編集

  • 『和田英松博士の学恩』(国書逸文研究会、1987年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3196号、昭和12年8月27日、p.816
  2. ^ 東京高等師範学校一覧 大正8年度』 東京高等師範学校、1920年、69ノ55頁。 
  3. ^ 『官報』第2743号、大正10年9月21日、p.517
  4. ^ 帝国学士院一覧 昭和6年』 帝国学士院、1936年、125頁。 
  5. ^ 東京帝国大学一覧 昭和8年度』 東京帝国大学、1933年、357頁。 
  6. ^ 東京帝国大学一覧 昭和11年度』 東京帝国大学、1936年、357頁。