和田萃

和田 萃(わだ あつむ、1944年2月17日[1] - )は、日本歴史学者京都教育大学名誉教授。専門は日本古代史。

目次

略歴編集

満州国遼陽市生まれ。生後間もなく日本に移り、奈良県磯城郡田原本町で育つ。京都大学文学部卒業、1972年同大学院文学研究科(国史学専攻)博士後期課程中退、京都大学助手、1975年京都教育大学講師、1977年助教授、1988年教授、2007年定年退任、名誉教授。1997年「日本古代の儀礼と祭祀・信仰」で京大文学博士

日本古代の思想や文化、木簡などを研究。『古事記』『日本書紀』などの文献のみならず、大学院生時代から考古学研究会にも所属し、考古学にも明るい。長く奈良県立橿原考古学研究所指導研究員を勤めた。奈良県高市郡高取町吉備に在住。歌人でもあり、前登志夫主宰「ヤママユ」の同人である。

著書編集

単著編集

  • 『大系日本の歴史2 古墳の時代』小学館、1987年 のち文庫
  • 『日本古代の儀礼と祭祀・信仰』全3巻、塙書房、1995年
  • 『飛鳥-歴史と風土を歩く』岩波新書、2003年
  • 『図説 飛鳥の古社を歩く―飛鳥・山辺の道』河出書房新社<ふくろうの本>、2007年
  • 『歴史の道を行く 橿原市内に息づく古道を訪ねて』橿原市企画調整部企画政策課 2009
  • 『ヤマト国家の成立 雄略朝と継体朝の政権』(新・古代史検証日本国の誕生)文英堂 2010
  • 『大和路古事記を巡る』奈良新聞社 2013
  • 『古代大和を歩く』(歴史の旅)吉川弘文館 2013

編著編集

  • 大神と石上 神体山と禁足地 筑摩書房 1988.2
  • 『熊野権現―熊野詣・修験道』筑摩書房、1988
  • 河上邦彦・菅谷文則共編『飛鳥学総論』人文書院、1996
  • 『古代を考える 山辺の道 古墳・氏族・寺社』吉川弘文館、1999
  • 聖徳太子伝説 斑鳩の正体 史話日本の古代 第5巻 作品社 2003.7

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.354