メインメニューを開く

和道流空手道編集

大塚博紀は、神道揚心流、および為我流柔術を大成した上で、船越義珍本部朝基摩文仁賢和に学んだ空手、さらには久保義八郎より学んだ柳生神影流[1]等の古流剣術の体捌きを加えて創始した。松濤館流剛柔流糸東流と並び、空手の四大流派の一つに数えられている。

編集

大塚博紀が残した形は、以下の16個である。

和道流の全日本空手道連盟指定形は次のとおり。

和道流柔術拳法編集

大塚博紀空手のみではなく和道流柔術拳法も創始した。これは、神道揚心流柔術を母体に、為我流などの柔術諸流や空手の特長を加えたものである。現在、和道流柔術拳法は日本古武道協会に空手・琉球古武術として加盟している。

柔術拳法は和道流空手道の有段者のみに伝授されている。

主な会派団体編集

全日本空手道連盟和道会

詳しくは全日本空手道連盟和道会の項参照

和道流空手道連盟
  • 二代宗家・大塚博紀が世襲し、現在は三代宗家・大塚博紀が会長・最高師範を務めている。和道流柔術拳法の指導も行っている。所属している大学の主要校としては、日本大学等がある。

詳しくは和道流空手道連盟の項参照

国際和道空手道連盟
日本空手道教育研究会

詳しくは日本空手道教育研究会の項参照

脚注編集

  1. ^ 江戸柳生より徳島藩に伝わった系統

外部リンク編集