メインメニューを開く

和魂洋才(わこんようさい)とは、日本古来の精神を大切にしつつ、西洋からの優れた学問・知識・技術などを摂取・活用し、両者を調和・発展させていくという意味の言葉である[1]。古くから使われていた「和魂漢才」をもとに作られた用語[1][2]

これに対して、西洋の技術を受け入れるにはやはり西洋の考え方を基盤とする必要がある、という意味の洋魂洋才(ようこんようさい)という言葉もある[独自研究?]

中国では「中体西用」、朝鮮では「東道西器」というスローガンが用いられ、いずれも欧米の科学技術の取り入れという発想で共通している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「和魂洋才」(四字 & 2007-01, p. 611)
  2. ^ 「和魂漢才」(岩波国語 & 2011-11, p. 1615)

参考文献編集

  • 西尾実; 岩淵悦太郎; 水谷静夫編 『岩波国語辞典』 (第7・新版) 岩波書店、2011年11月。ISBN 978-4000800471 
  • 三省堂編修所編 『新明解四字熟語辞典』 (第13版) 三省堂、2007年1月。ISBN 978-4385136202 

関連項目編集