咸淳(かんじゅん)は、中国南宋度宗の治世に使用された元号。1265年 - 1274年。

西暦等との対照表編集

咸淳 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
西暦 1265年 1266年 1267年 1268年 1269年 1270年 1271年 1272年 1273年 1274年
干支 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉 甲戌
至元2 至元3 至元4 至元5 至元6 至元7 至元8 至元9 至元10 至元11

出来事編集

  • 景定5年
    • 12月1日:度宗の即位により翌年を「咸淳元年」とする踰年改元の詔が下る。
  • 咸淳元年
  • 咸淳2年
  • 咸淳3年
    • 8月:モンゴル軍が襄陽に侵入して劫掠する。
  • 咸淳4年
  • 咸淳5年
  • 咸淳6年
  • 咸淳7年
    • 3月23日:内外百司の官吏を減らす。
    • 5月:モンゴル軍が四川・淮西に来襲する。
    • 6月11日:范文虎の援軍が襄陽に至りモンゴル軍と交戦したが、敗退する。
    • 11月15日:モンゴルが国号を「大元」と改める。
    • 12月21日:士籍が設置される。
  • 咸淳8年
    • 5月:宋軍が襄陽の救援を再び試みたが、包囲を解くには失敗する。
  • 咸淳9年
    • 正月11日:樊城が突破される。
    • 2月27日:襄陽の陥落。南宋の対モンゴル防御線が事実上崩壊される。
  • 咸淳10年
    • 7月9日:度宗が崩ずる。
    • 10月22日恭帝の即位により翌年から「徳祐」へ踰年改元の詔が下る。

関連項目編集


前の元号
景定
中国の元号
南宋
次の元号
徳祐