メインメニューを開く

哀しき獣』(かなしきけもの、原題:황해)は、2010年公開の韓国サスペンス映画。『チェイサー』のナ・ホンジンが脚本と監督を務めた。

哀しき獣
황해
監督 ナ・ホンジン
脚本 ナ・ホンジン
製作 ハン・スング
製作総指揮 ピュン・ジョンウン
ユ・ジョフン
出演者 ハ・ジョンウ
キム・ユンソク
チョ・ソンハ
音楽 チャン・ヨンギュ
イ・ビョンフン
撮影 イ・ソンジェ
編集 キム・スンミン
製作会社 ウェルメイド・スターM
ポップコーン・フィルム
配給 大韓民国の旗 ショーボックス
20世紀フォックス
日本の旗 クロックワークス
公開 大韓民国の旗 2010年12月22日
日本の旗 2012年1月7日
上映時間 140分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
官話
興行収入 2,269,47人 (動員)[1]
テンプレートを表示
哀しき獣
各種表記
ハングル 황해
漢字 黄海
発音 ファンヘ
日本語読み: こうかい
ローマ字 Hwang-hae
英語 The Yellow Sea
テンプレートを表示

ストーリー編集

中国ロシア北朝鮮に国境を接する延辺朝鮮族自治州の中国側に住むグナム(ハ・ジョンウ)は、タクシー運転手をする傍ら、借金返済のために給料賭け麻雀につぎ込む堕落した生活を送っていた。さらに、韓国に出稼ぎに行った妻からの送金も連絡もない。窮地に瀕したグナムは犬商人で地下社会のボス、ミョン(キム・ユンソク)に持ちかけられた請負殺人の依頼を承諾し、韓国へ向かう。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
キム・グナム ハ・ジョンウ 内田夕夜
ミョン・ジョンハク キム・ユンソク 山路和弘
キム・テウォン チョ・ソンハ てらそままさき
キム・スンヒョン クァク・ドウォン 魚建
チェ・ソンナム イ・チョルミン 青木強
グナムの母 ソン・ビョンスク 小日向みわ
ナレーション てらそままさき

製作編集

本作は20世紀フォックス傘下のフォックス・インターナショナル・プロダクションズから出資を受けた。フォックスが韓国映画に出資することと、韓国映画が脚本段階でアメリカのメジャー映画会社の出資を受けるのは、共にこれが初めてである[2]

公開編集

2011年の第64回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門[3]第24回東京国際映画祭の「アジアの風」部門に出品された[4]

受賞歴編集

参考文献編集

  1. ^ The Yellow Sea (Movie - 2010)”. HanCinema. 2011年11月25日閲覧。
  2. ^ Jaafar, Ali (2010年1月19日). “Fox backs Na Hong-jin's 'Murderer'”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118013974 2011年11月25日閲覧。 
  3. ^ Leffler, Rebecca (2011年4月14日). “Cannes Film Festival Unveils Competition Lineup”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-film-festival-unveils-competition-178601 2011年11月25日閲覧。 
  4. ^ 中村好伸 (2011年10月27日). “『チェイサー』のナ・ホンジン監督、最新作『哀しき獣』は「外国人労働者全ての人たちに通じる物語」”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0036417 2011年11月25日閲覧。 

外部リンク編集