哀侯(あいこう、生年不詳 - 紀元前708年)は、中国春秋時代の君主。姓は姫、名は光。

哀侯 姫光
王朝
在位期間 紀元前718年 - 紀元前709年
都城
姓・諱 姫光
諡号 哀侯
没年 紀元前708年
鄂侯

生涯編集

晋の鄂侯の子として生まれた。紀元前718年、曲沃の荘伯が兵を起こして翼を攻撃し、鄂侯は随に逃れた。桓王が虢公に命じて荘伯を攻撃させると、哀侯が晋侯として擁立された[1]紀元前710年、哀侯が陘庭の田土に侵入したので、陘庭の南郊の人々は曲沃を引き入れて翼を攻撃した[2]紀元前709年、曲沃の武公が翼を攻撃し、陘庭に宿営した。哀侯は汾水の岸辺に追い立てられ、侯の車は添え馬が木に引っかかって止まった。哀侯は欒成(欒共叔)とともに曲沃軍に捕らえられた[3]。子の小子侯が晋侯として即位した。紀元前708年、曲沃の武公は韓万に命じて哀侯を殺させた[4]

脚注編集

  1. ^ 春秋左氏伝』隠公5年
  2. ^ 『春秋左氏伝』桓公2年
  3. ^ 『春秋左氏伝』桓公3年
  4. ^ 史記』晋世家
先代:
鄂侯
君主
前718年 - 前709年
次代:
小子侯