哀王(あいおう、? - 紀元前228年)は、中国戦国時代の王(在位:在位:紀元前228年)。考烈王の子で、幽王の同母弟。

哀王 熊猶
王朝
在位期間 前228年
都城 (寿春)
姓・諱 熊猶
諡号 哀王
没年 紀元前228年
考烈王
李環李園の妹)

生涯編集

幽王10年(前228年)、兄の幽王が死去したため、即位した。

哀王は即位後わずか2カ月余で、庶兄[1]負芻を擁立した楚の国人らによって、母の李環やその兄の李園ともに殺害された。このため、負芻が楚の王位に就いた。

脚注編集

  1. ^ 列女伝』弁通伝によると叔父とする。
先代:
幽王
前228年
次代:
負芻