メインメニューを開く

品川フロントビル(しながわ フロントビル、SHINAGAWA FRONT BUILDING)は、中日新聞東京本社が開発し、東京都港区港南2010年12月にオープンした複合オフィスビルである。プロジェクトマネジメントは三菱地所、竣工後の管理は三菱地所プロパティマネジメントが担当している。入居企業として、トヨタグループ総合商社豊田通商の東京本社、及び豊通グループ各社が主に入居している。

品川フロントビル
SHINAGAWA FRONT BUILDING
豊田通商株式会社 東京本社(品川フロントビル).JPG
品川フロントビル(2015年8月)
施設情報
所在地 東京都港区港南二丁目3-13[1]
座標 北緯35度37分44.64秒 東経139度44分39.14秒 / 北緯35.6290667度 東経139.7442056度 / 35.6290667; 139.7442056座標: 北緯35度37分44.64秒 東経139度44分39.14秒 / 北緯35.6290667度 東経139.7442056度 / 35.6290667; 139.7442056
状態 完成
着工 2008年10月1日[1]
竣工 2010年11月30日[1]
開業 2010年12月10日[1]
用途 オフィス、店舗
地上高
高さ 99m[1]
各種諸元
階数 地上19階、地下3階、塔屋2階[1]
敷地面積 7,498 [1]
建築面積 3,744 [1]建蔽率50%)
延床面積 72,591 [1]容積率968%)
構造形式 S造一部RC造[1]
駐車台数 169台[1]
関連企業
設計 日建設計[1]
施工 竹中工務店[1]
所有者 中日新聞社[1]
管理運営 三菱地所プロパティマネジメント[1]

目次

概要編集

元々、当ビルがあったところは1965年より中日新聞東京本社(東京新聞東京中日スポーツの編集・発行所)の社屋だったが、中日新聞社が東京進出の創業地としている千代田区内幸町2006年に移転することになったのに加え、社屋の老朽化が著しくなったことを受けて、2008年に閉鎖された。その跡地の再開発計画として建設されたのが「品川フロントビル」である。

建物は地上19階・地下3階で、品川駅南口から徒歩3分圏内に位置する。当ビルの大部分を占めるオフィスエリアは東西95mの無柱空間とし、天井高も3mと余裕を持たせている。また、低層部の地下1階から2階は飲食・物販などの商業エリアとなっている。この他、子育て支援施設の「キッズ館」も併設しており、港区の子育て広場や東京都認証保育所なども入っている。

当ビルの公開空地にはソメイヨシノなどが植えられており、ミニ植物園的な広場として使われている。

交通アクセス編集

入居企業編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「品川フロントビル」11月30日竣工 (PDF)”. 三菱地所. 2015年3月1日閲覧。

参考情報編集

外部リンク編集