品川寺

東京都品川区にある真言宗醍醐派の寺院。山号は海照山。本尊は水月観音と聖観音で、江戸三十三箇所観音霊場の第31番。

品川寺(ほんせんじ)は、東京都品川区南品川三丁目にある真言宗醍醐派寺院である。山号は海照山。本尊は水月観音と聖観音で、江戸三十三箇所観音霊場の第31番である。

海照山普門院品川寺
Honsenji20100518.jpg
本堂
所在地 東京都品川区南品川3-5-17
位置 北緯35度36分34.8秒 東経139度44分36.7秒 / 北緯35.609667度 東経139.743528度 / 35.609667; 139.743528座標: 北緯35度36分34.8秒 東経139度44分36.7秒 / 北緯35.609667度 東経139.743528度 / 35.609667; 139.743528
山号 海照山[1]
院号 普門院[1]
宗旨 古義真言宗
宗派 真言宗醍醐派
寺格 別格本山
本尊 水月観音聖観音
創建年 (伝)大同年間(806年 – 810年
開基 (伝)空海
中興年 承応元年(1652年)[1]
中興 弘尊[1]
正式名 海照山 普門院 品川寺
札所等 江戸三十三箇所 第31番
江戸六地蔵 第1番
東海七福神毘沙門天
法人番号 9010705000161 ウィキデータを編集
品川寺の位置(東京都区部内)
品川寺
テンプレートを表示

歴史編集

寺伝によると、弘法大師空海を開山とし、大同年間(806 – 810年)に創建されたという。長禄元年(1457年)、江戸城を築いた太田道灌により伽藍が建立され、寺号を金華山大円寺と称した[注釈 1]。その後戦乱により荒廃するが、承応元年(1652年)に弘尊上人により再興され、現在の寺号となった。スイスジュネーヴ市と深い縁を持つ梵鐘を始め、江戸六地蔵の第一番にあたる地蔵菩薩像や東海七福神の毘沙門天などがある。

梵鐘編集

明暦3年(1657年)の銘があり、徳川幕府第四代将軍徳川家綱の寄進とされる。鐘身に六観音像を鋳出する。この鐘は幕末に海外へ流出し、パリ万博(1867年)・ウィーン万博(1873年)に展示されたと伝えるが、その後所在不明となっていた。

大正8年(1919年)、当時の住職であった仲田順海は鐘がスイスジュネーヴ市のアリアナ美術館ドイツ語版に所蔵されていることを突き止め、返還交渉を開始した。外務大臣幣原喜重郎ほか多くの人々の尽力により、ジュネーヴ市議会は鐘を日本へ戻すことに同意し、昭和5年(1930年)、同市の好意により品川寺に返還された。

平成3年(1991年)には品川寺からジュネーヴ市に新しい梵鐘が贈られた。品川区とジュネーヴ市は平成3年に友好都市となったが、交流の契機となったのはこの梵鐘である。

ヴァチカンに祀られた昭和の殉難者編集

ローマ教皇庁ヴァチカンには、昭和の殉難者1068柱の霊が祀られている。 連合国の手で「戦犯」として裁かれたABC級すべての日本人「法務死」者の霊が、世界のキリスト教カトリック総本山ヴァチカンに、他ならぬローマ教皇によって祀られたのである。

時のローマ教皇・パウロ6世に、「日本人殉難者のためにミサを」と訴えたのは仏教徒仲田順和師であった。 昭和50(1975)年にヴァチカンを訪れた折に、かねてより心を痛めていた「戦犯とされた人々」の鎮魂と慰霊のために、宗教の違いを超えて願い出たのである。 真言宗醍醐寺派別格本山品川寺の仲田順和師の願いを、パウロ6世は快く承諾した。しかし、喜んで帰国した順和師にその後届けられたのは、教皇の訃報であった。その後を襲ったヨハネ・パウロ1世も急逝し、異教徒の願いは空しく閉ざされたと思われた。

その順和師のもとに、ヨハネ・パウロ2世から親書が届けられたのは5年後の昭和55年(1980)4月、内容は「5年前の約束を果たしたい」との思いもかけぬものであった。 ローマ教皇庁は、異教徒の願いを忘れてはいなかったのである。

パウロ6世の真心に応えようと、帰国直後から作製を依頼していた五重塔に殉難者1068柱の位牌を納め、ヴァチカンに奉納されたのは、同年5月のことである。醍醐寺五重塔を精巧に模した塔は、「戦犯」慰霊に共鳴した栃木県大田原市の木工芸家星野皓穂が、3年の歳月をかけ無料奉仕で完成させたもの。 5月21日には仲田・星野も参列し、教皇ヨハネ・パウロ2世のもと昭和殉難者のための荘厳なミサがヴァチカンでとり行われた。

現地の報道、法王の挨拶。 「日本から来た仏教徒の訪問者たちを、特別なやり方で、あたたかく歓迎します。あなた方に平和の祝福を希望します。われわれ自身についての真実の受容と、われわれの生存の目的がその内部に存する平和を。すべての人間の威厳に対する尊重が存する他人との平和を。神がその恩恵をあなた方にお示しにならんことを、祈ります。」[2]

文化財編集

 
地蔵菩薩坐像
重要文化財(国指定)
その他の文化財
山門前左手にある露座の仏像。宝永5年(1708年)に造られた、江戸六地蔵の第一番。現存する江戸六地蔵像のうち唯一頭上に傘を載せていない。
山門脇にある、推定樹齢600年の大木。

交通アクセス編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 金華山大円寺[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e 新編武蔵風土記稿 南品川宿下.
  2. ^ 「昭和の戦争記念館」第3巻 大東亜戦争の秘話
  3. ^ 東京都文化財情報データベース

参考文献編集

外部リンク編集