品川 氏長(しながわ うじなが)は、江戸時代中期の高家旗本

 
品川氏長
時代 江戸時代
生誕 明和元年(1764年
死没 天明8年2月27日1788年4月3日
別名 本三郎(通称
戒名 勇功
墓所 万昌院
幕府 江戸幕府高家
氏族 菅原氏高辻家庶流前田家
清和源氏足利氏今川氏庶流品川家
父母 父:前田長敦 養父:品川氏如
養子:氏維
テンプレートを表示

生涯編集

高家旗本前田長敦の三男として生まれる。安永9年(1780年)4月4日、品川氏如の末期養子となり、家督を相続した。同年8月22日、将軍徳川家治御目見する。生涯高家職に就くことはなかった。天明8年(1788年)2月27日死去、25歳。

系譜編集

正妻・子女ともにいない。竹中定弘の次男氏維末期養子に迎えた。

先代:
品川氏如
高家品川家
7代当主
1780年 - 1788年
次代:
品川氏維