メインメニューを開く

品川 高如(しながわ たかゆき)は、江戸時代前期の高家旗本

 
品川高如
時代 江戸時代前期
生誕 慶長17年(1612年
死没 寛文11年4月20日1671年5月28日
別名 新太郎、内膳(通称
戒名 晴山
墓所 万昌院
官位 従四位上侍従内膳正式部大輔
幕府 江戸幕府高家
主君 徳川家光家綱
氏族 清和源氏足利氏今川氏庶流品川家
父母 父:品川高久、母:鷲尾筑後娘
兄弟 高如、八木九郎右衛門室、高寛岡山弥清
正室:松平勝隆養女
継室:青木利長増山正利姉)
松平重治
養子:伊氏
テンプレートを表示

生涯編集

旗本品川高久の長男として生まれる。

寛永元年(1624年)、13歳で将軍徳川家光御目見する。寛永16年(1639年)閏11月7日、父高久の死去により、家督を相続し、表高家に列する。正保元年(1644年)4月10日に高家職に就任し、12月29日に従四位下・内膳正に叙任する。正保3年(1646年)12月晦日、侍従となる。

慶安元年(1648年)、閏正月28日に仁和寺覚深法親王が他界したため、仙洞への御使を務める。慶安3年(1650年)9月3日に西丸高家に転任し、翌年に高家に戻る。寛文3年(1663年)4月には徳川家綱日光東照宮参詣に供奉する。寛文9年(1669年)11月、鷹司房子の入内に際し松平定房の副使として入洛する。12月23日に従四位に昇った。

寛文11年(1671年)4月25日死去、60歳。

本家の今川家は、今川直房の没後、短命の当主が続き、高家職に登用されなかった。それに代わって、分家の品川家から高如、伊氏と2代にわたって高家職に登用された。伊氏の代には本家をしのぐ1500石の知行取りにまでなった。

正妻は松平勝隆の娘(勝隆の姪で養女とも)。後妻は宝樹院(徳川家光側室)の妹。一男あり、重治は、母方の祖父能見松平勝隆の養子になった。品川家は、重治の次男伊氏が相続した。

参考文献編集

先代:
品川高久
高家品川家2代当主
1639年 - 1671年
次代:
品川伊氏