メインメニューを開く

来歴・人物編集

1959年、群馬県生まれ[1]。1979年、19歳で上京。

アマチュア時代編集

特撮専門誌の編集助手をしながら、自宅アパートでゴジラのぬいぐるみ(モスゴジ)を製作し、東宝のキャンペーンに使用されるなど、アマチュア時代から名の知れた存在であった[1]

朝日ソノラマのビジュアル雑誌『宇宙船』では、創刊号(1980年)から編集スタッフとして参加。創刊号での巻頭特集記事では、アマチュア時代の品田による造型作品が多数掲載されていた。

機動戦士ガンダム』ブーム時に、完成度の高いガンダムシャア専用ザク(赤ザクと呼ばれた)のイベント用ぬいぐるみを製作した。素材は紙製であり、雑誌『ファンロード』誌上において、その製作法も掲載された。雑誌『B-CLUB』27号で『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公開時のイベントのために『SDガンダム』のνガンダムサザビーのぬいぐるみを製作したという記事中で、前述の『ファンロード』での赤ザクを製作した過去が明かされている。

プロ時代編集

1982年、レインボー造型企画に入社。東映スーパー戦隊シリーズなどの特殊造型に関わる。1986年、レインボー造型企画を退社し、フリーランスとして活動する。

1989年、岡部淳也と共に株式会社ビルドアップを設立する[1]。1994年、ビルドアップの中心業務がCGVFXとなったため退社。有限会社Vi-SHOPを設立し代表となる[1]

2009年、ビルドアップと円谷プロダクションの合併に伴い円谷プロ副社長となった岡部淳也の要請により、Vi-SHOPを休止し円谷プロダクション入社。

エピソード編集

漫画『究極超人あ〜る』の光画部の先輩の着るぬいぐるみを製作した「しなだくん」(名のみ登場)のモデルは、品田冬樹である。『ヌイグルメン!』(唐沢なをき)や『月刊comicリュウ』2011年2月号、4月号「チョロ恐」(唐沢なをき)にエピソードや体験談を提供している。

品田は近年の各界における怪獣の「ぬいぐるみ」の「着ぐるみ」呼称への言い換えについては否定的であり、若いスタッフが口にするたびに「ぬいぐるみ」と言い正していた。しかし後輩が増えて、「着ぐるみ」呼びが一般的となったため、話の腰を折るのは大人気ないと思い聞き流すようにしているが、同年代から上の世代人と話すときはもっぱら「ぬいぐるみ」で通しているとのこと[2]

レインボー造型企画に入社して最初に手掛けた怪人造形は、『宇宙刑事ギャバン』第34話のドクターダブラーであった[1]。これがレインボー造型企画代表の前澤範の目に留まり、『仮面ライダーZX』でUFOサイボーグ(トカゲロイドからタイガーロイドまで)の造形を担当することとなった[1]。ギミックにはこだわったといい、インタビューでは自由にやることを許してくれた前澤に感謝の言葉を述べている[1]

主な参加作品編集

テレビ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

その他編集

主なキャラクター造型編集

著書編集

  • 『クラリン』(犬丸りん共著、小学館、2001年)ISBN 4097273817
  • 『ずっと怪獣が好きだった』(岩波書店、2005年)ISBN 4000010727

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k OFM仮面ライダー6 2004, p. 29, 「ライダーを創りあげた男たち 品田冬樹」
  2. ^ 品田冬樹「コラム ゴジラヌイグルミ事始め「着ぐるみ? 縫いぐるみ?」」『ずっと怪獣が好きだった』岩波書店、2005年3月16日、60頁。ISBN 4-00-001072-7
  3. ^ a b c d e f g h ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 85, 「メビウス世界の匠たち CHAPTER3 造型」

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集