メインメニューを開く

哥川 スエ(うたがわ スエ、1884年(明治17年)1月19日 - 1997年(平成9年)5月4日)は、長寿日本一だった山口県女性

山口県吉敷郡大道村(現・防府市大道)に生まれ、結婚後阿知須町に移り、一男三女をもうけた。

1948年、夫が死去。1984年から死去まで宇部温泉病院で療養。最晩年になっても朝7時に起床、夜8時に就寝と規則正しい生活を送り、手伝いや体操に参加するなど健康状態は良好だったが、1996年11月に風邪をひき、急性心不全で一時危篤状態に。その後はベッド生活を送っていた。

1997年5月老衰のため、山口県宇部市の病院で死去。113歳と105日。