哲学字彙』(てつがくじい、哲學字彙)は、1881年明治14年)初版の日本の学術用語集井上哲次郎ら編[1]近代日本語史、漢訳語史の重要史料。主に三種類の版が伝わる。

本書が一因となり「哲学[2]科学[3]形而上学[4]普遍[5]意志[6]絶対[7]契約[8]などの語彙が普及した。その影響は、日本語だけでなく中国語などにも及ぶ[9][10]

経緯編集

明治初期に乱立していた漢訳語を統一するため編纂された[11]。編者は、井上哲次郎和田垣謙三国府寺新作有賀長雄の四人で、ほかにも無記名の協力者がいた[12]。中心人物は井上だった[12]

土台になったのは、19世紀イギリスの哲学者ウィリアム・フレミング[13]の『哲学字典』(Vocabulary of philosophy, mental, moral, and metaphysical. 初版は1857年だが依拠した版は不明)の見出し語であり、同書に載っていない見出し語も加えられた[11]

1881年明治14年)に、東京大学から初版が刊行された。初版の残部が尽きたのをきっかけに、1884年(明治17年)に『改訂増補 哲学字彙』が東洋館から刊行された[14]1912年(明治45年)1月には、井上・中島力造元良勇次郎の三人により『英独仏和 哲学字彙』が丸善から刊行された[15]。この『英独仏和 哲学字彙』は、1921年大正10年)に重版された[16]

内容編集

見出し語ごとに、一個から複数個の訳語が羅列される。語義は載っていない[17]

見出し語は、哲学に限らず人文科学社会科学自然科学全般の用語からなる[18]。総数は、初版で1952語、英独仏和版で2723語に及ぶ[19]。言語は英語で、まれにラテン語の成句や他の言語も含まれる。英独仏和版は題名通りドイツ語フランス語との対訳も記す。

訳語は、先人が考案した訳語もあれば、本書で新たに考案された訳語もある[20]。後者の場合は大抵、訳語の後に「按語[21]」(漢文の「按(あんずるに)……」という構文)で典拠が示されている。訳語の後に丸括弧で分野名が示されている場合もある[22]。例:(論)論法、(物)物理学

初版と改訂増補版には、『清国音符』(J.G.Bridgman. Chinese Symphonious Characters) が付録されている[23][24]。これは明治当時、中国語音で音訳された固有名詞を解読する際に使われたものと推定される[23][24]。また、改訂増補版には『梵漢対訳佛法語籔』(E.J.Eitel. A Sanskrit Chinese Dictionary[25]) も付録された[15]

初版の主な訳語編集

国立国語研究所のWebサイトに初版のjpg, pdf, txtファイルが公開されている[26]。以下、同サイトの翻字に基づく。

見出し語 『哲学字彙』の訳語 現在の主な訳語 備考・参考
Aesthetics 美妙学 美学
Absolute 絶対、純全、専制(政) 絶対 「絶対」に按語あり
Abstract 抽象、虚形、形而上 抽象 「形而上」に按語あり
A priori 先天 アプリオリ 按語あり
A posteriori 後天 アポステリオリ 按語あり
Atom 微分子(物) 原子
Category 範疇 範疇、カテゴリー 按語あり
Cognition 認識 認識
Common sense 常識 常識、コモン・センス
Concept 概念 概念
Constitution 憲法 憲法
Contract 契約 契約 [8]
Contradiction 乖角、背戻、矛盾、背馳

、忤逆、枘鑿、反言対(論)

矛盾
Cosmos 世界 コスモス宇宙
Criticism 批評 批評
Deduction 演繹法(論) 演繹法 按語あり
Definition 定義 定義
Economic 家政理財学 経済学
Epistemology 致知 認識論
Ethics 倫理学 倫理学 按語あり
Fallacy 虚偽 虚偽、誤謬
Hallucination 幻想 幻覚
Human nature 、本性 本性など 「性」に按語あり
Idea 観念 観念
Ideal 理想 理想
Idealism 唯心論 唯心論 按語あり
Identity 同一 同一性
Induction 帰納法 帰納法 按語あり
Jurisprudence 法理学 法学
Logic 論法 論法、論理など
Materialism 唯物論 唯物論 按語あり
Metaphysics 形而上学 形而上学 按語あり
Miracle 霊恠、神跡 奇跡 「奇跡」の初出は『英独仏和 哲学字彙』
Nature 本性、資質、天理、造化

宇宙、洪鈞、万有

本性、自然など
Natural philosophy 物理学 自然哲学
Nirvana 涅槃 涅槃 サンスクリット語
Objective 客観的 客観的
Paradox 逆説 逆説、パラドックス [27]
Petitio principii 匿証佯争 論点先取
Phenomenon 現象 現象
Philosophy 哲学 哲学 他の見出し語では「理学」とも訳される[28][29]
Physics 物理学 物理学
Political philosophy 政理学 政治哲学
Political science 政理学 政治学
Premise 前提(論) 前提
Proposition 命題(論) 命題
Religion 宗教 宗教
Reason 道理理性 道理、理性など
Reasoning 推論 推論
Revolution 革命顚覆 革命 按語あり
Rhetoric 修辞 修辞
Science 理学科学 科学 [3]
Society 社会 社会
Sociology 世態学 社会学
Subjective 主観的 主観的
Substance 本質、太極 実体 「太極」に按語あり

実体」は別の複数の見出し語にあてられる[30]

Trinity 三位一体 三位一体 按語あり
Truth 真理真実 真理、真実、真
Universal 一統、普遍全称(論) 普遍、全称 [5]
Universe 宇宙 宇宙
Utilitarianism 功利学 功利主義
Vernunft 理性 理性 ドイツ語
Verstand 悟性 悟性 ドイツ語
Virtue
Will 意志 意志
World 世界人間、寰宇、乾坤 世界

書誌情報編集

脚注編集

  1. ^ 哲学字彙』 - コトバンク
  2. ^ 桑兵(著)、村上衛(訳) 2013, p. 148.
  3. ^ a b 田野村忠温 『「科学」の語史 : 漸次的・段階的変貌と普及の様相』 大阪大学大学院文学研究科、2016年。doi:10.18910/56924https://doi.org/10.18910/56924 
  4. ^ 株式会社平凡社 百科事典マイペディア『形而上学』 - コトバンク
  5. ^ a b 納富信留 「哲学の普遍性」 『論集』 37号 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室、2019年https://www.l.u-tokyo.ac.jp/philosophy/pdf/ron37/01-notomi.pdf 7頁。
  6. ^ 精選版 日本国語大辞典『意志』 - コトバンク
  7. ^ 精選版 日本国語大辞典『絶対』 - コトバンク
  8. ^ a b 狭間 2013, p. 15.
  9. ^ 桑兵(著)、村上衛(訳) 2013.
  10. ^ ライナ シュルツァ 「世界哲学の交差点―井上円了における理論哲学と実践哲学―」 『国際井上円了研究』 1号 国際井上円了学会、2013年http://id.nii.ac.jp/1060/00007139/ 131頁。
  11. ^ a b 飛田 1979, p. 226.
  12. ^ a b 飛田 1979, p. 224.
  13. ^   英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります:William Fleming
  14. ^ 飛田 1979, p. 229.
  15. ^ a b 飛田 1979, p. 230.
  16. ^ 飛田 1979, p. 231;234.
  17. ^ 朱 2002, p. 101.
  18. ^ 真田 2007, p. 7.
  19. ^ 朱 2001, p. 80.
  20. ^ 飛田 1979, p. 227.
  21. ^ 三浦 1995, p. 193.
  22. ^ 飛田 1979, p. 228.
  23. ^ a b 三浦 1995, p. 184.
  24. ^ a b 狭間 2013, p. 25.
  25. ^ 近代書誌・近代画像データベース改訂増補/哲学字彙”. dbrec.nijl.ac.jp. 2021年7月24日閲覧。
  26. ^ 哲学字彙”. 国立国語研究所、翻字は大阪大学大学院文学研究科岡島昭浩研究室 (2016年). 2021年7月19日閲覧。
  27. ^ 精選版 日本国語大辞典『逆説』 - コトバンク
  28. ^ 三浦 1995, p. 196.
  29. ^ 高野 2009, p. 45.
  30. ^ 中畑正志 「移植、接ぎ木、異種交配――「実体」の迷路へ」、村上勝三・東洋大学国際哲学研究センター編 『越境する哲学:体系と方法を求めて』 春風社、2015年、223-228頁。ISBN 9784861104787 

参考文献編集

書籍編集

論文編集

関連項目編集