メインメニューを開く

唐崎神社(からさきじんじゃ)は、滋賀県大津市にある神社日吉大社摂社の一つである。琵琶湖西岸に位置し、境内は滋賀県指定名勝に指定されている。

唐崎神社

Karasaki-Shrine.jpg

所在地 滋賀県大津市唐崎1-7-1
位置 北緯35度02分50.6秒 東経135度52分27.3秒 / 北緯35.047389度 東経135.874250度 / 35.047389; 135.874250座標: 北緯35度02分50.6秒 東経135度52分27.3秒 / 北緯35.047389度 東経135.874250度 / 35.047389; 135.874250
主祭神 女別当命
社格 日吉大社摂社
創建 持統天皇11年(697年
例祭 春季大祭(4月28日)・秋季大祭(10月28日
主な神事 御手洗祭(7月28日29日
テンプレートを表示

祭神編集

女別当命(わけすきひめのみこと)を祀る。

由緒編集

日吉大社の社伝によれば、舒明天皇6年(633年)、琴御館宇志丸宿禰がこの地に居住し「唐崎」と名附けたといい、祭神はその宇志丸宿禰の妻とされる。当社は持統天皇11年(697年)に創建されたと伝えられ、かつては「女別当社」と呼ばれ、婦人病に霊験ありとして広く信仰を集めた。平安時代には「七瀬の祓」の一所としての人々や公家の姫等がお祓いを受けにやってきている。

境内には、宇志丸宿禰が植えたのに始まるとされる「唐崎の松」がある。境内から琵琶湖を背景に唐崎の松を描いた歌川広重の「唐崎の夜雨」で知られており、近江八景に選ばれている。宇志丸宿禰が植えた初代の松は天正9年(1581年)に大風で倒れ、天正19年(1591年)、大津城主だった新庄直頼の弟・新庄直忠が2代目の松を植えた。2代目も1921年大正10年)に枯れ、現在のものは3代目である。金沢市兼六園にある唐崎の松はこの地から分けられたものである。

ギャラリー編集

文化財編集

滋賀県指定文化財編集

  • 名勝
    • 唐崎(唐崎神社境内) - 1998年(平成10年)6月19日指定[1]

大津市指定文化財編集

  • 史跡
    • 唐崎(唐崎神社境内地) - 1981年(昭和56年)1月16日指定(史跡・名勝)[2][3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 県指定史跡・名勝・天然記念物 (PDF) (滋賀県ホームページ)。
  2. ^ 昭和56年1月16日大津市教育委員会告示第3号。
  3. ^ 境内説明板。

関連項目編集

外部リンク編集