メインメニューを開く

唐渡 亮(からと りょう、1965年5月16日 - )は、日本の俳優、演出家、起業家、元ファッションモデル。大阪府出身。愛称は「唐ちゃん」「亮ちゃん」。独特のハスキーヴォイスを生かした役回りが多い。一方舞台では、3枚目の役を演じ、俳優として幅を広げる。自身主催の『劇団ENJIN☆猿人』の座長。2018年現在Enjin株式会社/エンジンエンターテイメントの代表取締役社長も務める。

からと りょう
唐渡 亮
唐渡 亮
唐渡亮(「日本タレント名鑑」より)
本名 唐渡 信忠(からと のぶただ)
生年月日 (1965-05-16) 1965年5月16日(54歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
民族 日本人
身長 180cm
血液型 O型
職業 俳優 演出家 起業家
ジャンル テレビ・映画・舞台・演出
活動期間 1986年 - 現在
主な作品
映画
劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』(2001年)
子猫の涙』(2007年)
テレビドラマ
闇のパープル・アイ』(1996年)
FiVE』(1997年)
すずらん』(1999年)
テンプレートを表示

来歴編集

高校卒業後、遊びに行った先の動物園でスカウトされ、オスカープロモーションに所属、モデルの世界へ入る。 ミヤケイッセイデザイン事務所に入社。イッセイミヤケの広告をモデルとして出演する。アパレル分野では、TOKIOKUMAGAIのボディーを努めている。 25歳の時に俳優へ転身。モデル事務所(株)フェイスギルドから、(株)プロシードの関連会社で、(株)バーニング系列の芸能プロダクション(株)ブレイブに移籍。 この頃、身体を鍛える事を目的として、井原道場に入門しキックボクシングのウェルター級でライセンスを取得している。

1996年、『闇のパープル・アイ』の出演をきっかけにブレイク。 ブレイク後は順調に俳優としての人生を歩んでいたが、2000年、ドラマの撮影中に声が出なくなり、病院で診察を受けた所「喉頭腫瘍異型癌」と診断され約2年半に及ぶ闘病生活を送る。闘病中は入退院を繰り返し、その間計6回の全身麻酔手術を受けている(新潮45より)。 大きな手術後は闘病生活中も俳優としての仕事に復帰した。 2006年、有限会社 アルガアーティストプロダクションを資本金300万円で設立。プロダクション名は本人の好きな言葉「あるがまま」を引用し、アルガアーティストプロダクションと名付ける。 2008年、映画『子猫の涙』の舞台あいさつで、8年前に喉頭癌を患い、闘病生活を続けていたことを明らかにした。

2009年2月、取材をきっかけに横乗りスケートボードであるフリーラインスケートに興味を持ち、任意団体の日本フリーラインスケート振興会(現在、日本フリースケート振興会)の理事となる。 同年8月 大津市瀬田駅前交番のドアガラスを蹴って割ったとして、器物損壊容疑で大津署に任意取調べを受ける。後に自身のブログで「お酒を飲んでいたとはいえ、私がやってしまった事に対し深く反省しております」とファン、および関係者に向けてお詫びのメッセージを書き込んでいる。後に、不起訴であり、毎日新聞の情報漏洩だと判明する。 2010年、芸能プロダクションと契約再開。 2011年、大手プロダクションと自身の経営するアルガアーティストプロダクションの業務委託契約を結ぶ。 アルガアーティストプロダクションのマネージャーに金を持ち逃げされ、会社が休眠せざるを得なくなる。 自らが体験した「癌との闘い」をベースに「命のありがたさ」をテーマとした講演活動を始める。 2012年、自身の今までの経験、スキルを、地域に還元したいとの想いから、地域活性化イベントに精力的に取り組む。 同年 地域から俳優を輩出するプロジェクト「office jimo-to」を立ち上げ、「JK jimo-to style」などのヘアー&ファッションショーのプロデュースを行っている。

2013年、元大事MANブラザーズバンド 立川俊之が代表をするT's Office と業務委託契約を始める。 同年 取材をきっかけに、モータースポーツレーシングチーム監督に就任。 2014年、番組取材で、スキューバダイビングの PADIライセンスを取得。 2015年、engine株式会社の事業部としてお役立ち本舗設立。同時に、タレント名鑑動画制作・メモリアル動画の制作・企業CMの制作を始める。 同年11月、北摂地域(高槻・茨木・摂津他)にてコミュニティFM放送局を開局すべく、茨木市賑わい亭にて近隣コミュニティ、NPO他団体、大学、企業に声掛けし、検討会を開催スタートした。同時に放送スタッフ育成のためUSTREAM放送開始。 2016年2月、エンジングループとしてエンジンプロダクション株式会社・エンジンエンターテイメント株式会社・お役立ち本舗株式会社を経営展開する中で、人材派遣・旬のツアー企画・ケータリングサービスなども行う。

2017年1月、自らが体験した咽頭ガンとの闘病と介護の経験を活かし、シニアライフアドバイザーとして、地方再生、地域活性の活動を開始する。市民の地域包括として、良い街づくり委員会を発足。市民と市議会議員を繋ぐ、ボランティア活動を開始する。 同年9月1日、地域包括の根本的医療現場を実感し、大阪本町にクリニックを開院する。地域創生の最先端を感じ、統一地方選に向けて活動の幅を広げる。 同年12月31日、クリニック立ち上げのマネジメント終了。 2018年1月、地域包括とエンターテイメントを複合した、エンジンのプロデュースを始める。 同年3月、“いつまでも美しく粋に生きる”を企業理念とし、アピアランスから心の癒しに繋がる“総合美”を完全プロデュース。 同年4月、アクターズスクール生を募集しプロとしての俳優育成を本格始動。 同年11月、Enjin株式会社 東京事務所設立。

人物編集

  • 茨木市立水尾小学校に入学、野球を始める。小学校6年生の時に、生徒会長になったこともあった。
  • 茨木市立南中学校で野球部活動。滋賀県の比叡山高等学校へ進学。野球に打ち込む日々を送っていた。
  • 学生時代、エスモードジャポン東京に入学、デザイナーとしての勉強を習得し卒業。
  • モデルとして東京コレクション、パリコレクション等に出演しながら、CMやファッション雑誌に出演。
  • モデル時代の同期には沢村一樹竹野内豊達がおり、メンズ雑誌やファッションショーのモデルなどで活躍。
  • 俳優としてのスキルアップのため、ニューヨークアクターズスタジオの東洋人初の正会員であるゼン・ヒラノに師事し『メソッド・アクティング』を学んでいた。
  • 闘病生活中での勉強を生かし、慶應大学文学部人間科学科に合格するも、俳優業との時間が噛み合わない事から、一年で中退。
  • 劇団「THE東京ピチピチBOYS」、アドリブ即興集団「チームうるし」を主宰し脚本、演出を手がけていた。
  • 「泉州版・和歌山版ぱど」を発行する泉州広告株式会社のフリーペーパー内で「唐ちゃんが行く」というコーナーを取材/執筆している。その時同社で「サラリーマン俳優」と言われていた。
  • 後人の育成、自身の俳優としての訓練の場として「劇団ENJIN☆猿人」を立ち上げる。公演などは行っていないが、訓練も兼ねたワークショップを不定期で行っている。
  • 2009年より興味を持ち続けてきたフリーラインスケートと共にスケートボード全般に興味が再燃し、練習する日々が続いている。
  • 自らが体験した「癌との闘い」をベースに「命のありがたさ」をテーマとした講演活動を2011年から始める。
  • 彼のハスキーボイスが認められ民法ラジオやCMナレーションに出演。大北メディカルクリニック院長 松永 敦氏の音声学に参加していた。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

オリジナルビデオ、Vシネマ編集

舞台編集

  • 胡蝶の部屋(2002年、三越劇場)
  • チームうるし 座長公演(12回)(2004年)
  • ゼロレインジ公演(2005年) - 特別出演
  • 劇団DIESEL 猿人(2008年)
  • 大奥 男組舞台(2012年)
  • リアルタイムドラマ「ジオラマ」(2013年11月1日、椿山荘 / ニコニコ動画(生放送))

CM編集

  • コカコーラ
  • オンワード
  • JALアイル
  • VISARUNO(マルイイメージキャラクター)
  • アサヒ ビアウォーター
  • Docomo
  • TOYOTA
  • 資生堂
  • ONWARD
  • NEC
  • RICOH
  • PENTAX
  • 新日鉄
  • YAMAHA
  • アルマーニ
  • イッセイミヤケ

CMナレーション編集

  • フォルクスワーゲン GTi(2005年)
  • ドラフトギネス(2005年)

ラジオ編集

ファッションショー編集

作品編集

書籍編集

  • クローゼットを開けた時

掲載編集

  • 読売新聞
  • ソニー生命
  • アフラック

講演編集

  • 「生きる」(2012年 - )

外部リンク編集