メインメニューを開く

唐芋標準語(からいもひょうじゅんご)とは、主に鹿児島県やその周辺(いわゆる南九州エリア)で使われる新方言の一種である。人により「カライモ普通語」と称される場合もある。元々は訛りのキツい生粋の鹿児島県人が、むりやり標準語を話したさまを揶揄した俗語であったが、近年は鹿児島県人が公用語として話す「語り口」を指す。鹿児島弁は各地で語彙や言い回しに差が激しいため、イントネーションはそのままで語彙を標準語に置き換え(鹿児島訛り)、意思の疎通を図りやすくした。公の場ではもっぱら多用されている。

関連項目編集