メインメニューを開く

唯識三十頌(ゆいしきさんじゅうじゅ、: Triṃśikā-vijñapti-mātratā, トリンシカー・ビジュニャプティ・マートラター)は、大乗仏教唯識派世親が著した唯識の思想を要約した30の偈頌で、玄奘が訳したもの。

原題は「トリンシカー」(triṃśikā)が「三十頌」、「ビジュニャプティ・マートラター」(vijñapti-mātratā)が「唯識」、総じて「唯識についての三十頌」の意。

なお、このほかに漢訳されたものに、真諦が訳した「転識論」がある。

その後、護法がこの唯識三十頌を注釈して玄奘が訳した『成唯識論』は、法相宗(唯識宗)の重要な論典のひとつとなった。

脚注編集

参考文献編集

  • 安田理深 著、安田理深選集編纂委員会 編『安田理深選集』第2巻 唯識三十頌聴記1、1985年。

関連項目編集

外部リンク編集