商工高等学校(しょうこうこうとうがっこう)とは、日本の主に商業工業についての専門技術知識を習得するために「商業に関する学科」(商業科)と「工業に関する学科」(工業科)が併置されている高等学校のことである。一般的には、学校名称に「商工高等学校」のが含まれている学校を指す。商工高等学校は、職業高等学校の一種とされ、広義の商業高等学校工業高等学校に含まれる場合もある。

おもな設置学科編集

多くの商工高等学校で設置されている学科には、次のようなものがある。

現在の商工高等学校編集

岩手県編集

栃木県編集

群馬県編集

神奈川県編集

新潟県編集

岐阜県編集

福井県編集

岡山県編集

山口県編集

熊本県編集

鹿児島県編集

沖縄県編集

かつてあった商工高校編集

北海道編集

岩手県編集

秋田県編集

山形県編集

福島県編集

埼玉県編集

東京都編集

神奈川県編集

千葉県編集

新潟県編集

長野県編集

愛知県編集

三重県編集

滋賀県編集

奈良県編集

和歌山県編集

岡山県編集

島根県編集

香川県編集

徳島県編集

長崎県編集

鹿児島県編集

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 2010年に喜多方商工高校と同じ学科構成で福島県立喜多方桐桜高等学校が開校している[4]
  2. ^ 2009年に商工と農業系も含めた三重県立伊賀白鳳高等学校が開校している[15]
  3. ^ 2014年に両校は統合し、美馬商工高校と同じ学科構成で徳島県立つるぎ高等学校が開校した。
出典

関連項目編集