メインメニューを開く

商道

崔仁浩の小説作品、および同作品を原作とする2001年の韓国のテレビドラマ

概要編集

19世紀、李氏朝鮮時代に実在した豪商林尚沃(イム・サンオク、임상옥、1779~1855)の生涯を通して、当時の商圏を掌握していた4大グループの開城商人(松商、ソンサン、송상)、漢陽商人(京商、キョンサン、경상)、義州商人(灣商、マンサン、만상)および東莱商人(莱商、ネサン、내상)を対象にシジョン(市廛)とナンジョン(乱廛)、ゲクチュ(客主)とボブサン(褓負商)等の熾烈な商い競争、そして身分上最下層の商人等の位相や哀歓を描き、貨幣と交換価値、人件費等の様々な資料による「実物経済の具体的な事例」をドラマを通じてひとつひとつ紹介。

書誌情報編集


外部リンク編集