メインメニューを開く

善正寺(ぜんしょうじ)は、京都府京都市左京区にある、日蓮宗の寺院。山号は妙慧山。旧本山は、大本山本圀寺(六条門流)。達師法縁。

善正寺
所在地 京都府京都市左京区岡崎東福ノ川町9
位置 北緯35度1分14.9秒
東経135度47分4.3秒
山号 妙慧山
宗派 日蓮宗
本尊 三宝尊
創建年 1600年(慶長5年)
開山 日鋭
開基 三好智子
法人番号 9130005002078
テンプレートを表示

目次

概要編集

善正寺[1]は、豊臣秀吉の実姉・日秀(とも)が、豊臣秀次(ただし秀次とするのは誤伝で、正しくは秀次の弟豊臣秀勝を葬ったものであるという説もある[2])の菩提を弔うため、嵯峨亀山に庵を結んだことに始まる。秀次は秀吉の養子になり関白にもなったが、秀吉に実子・秀頼が生まれると疎まれるようになり、ついには切腹を命じられ、秀次の妻妾と子も三条河原でことごとく処刑された。この事件の後、智子は出家して日秀尼と名乗り、開山に本圀寺・日鋭を招いて、現在の地に堂宇を建立した。秀次の法号「善正院殿高岸道意大居士」に因み、寺号を善正寺と名付けた。また、日秀尼は瑞龍寺[3]を、自らの菩提寺としていた。黒谷龍光院の西にあたる。門には「妙慧山善正寺」「豊臣秀次公、村雲門跡瑞龍寺御墓所」と札がかかる。

歴史編集

  • 1595年(文禄4年)日秀尼豊臣秀次菩提を弔うため、嵯峨亀山に一宇を建立する。
  • 1600年(慶長5年)現在の地に移転する。
  • 1600年(慶長5年)日秀尼は本圀寺・日鋭を招いて、善正寺を建立する。
  • 1624年(寛永元年)善正寺・日演は東山檀林を開檀する。
  • 1872年(明治5年)学制発布により、東山檀林は廃檀する。

瑞龍寺歴代墓所編集

脚注編集

  1. ^ 花洛名勝図会
  2. ^ 渡辺世祐国立国会図書館デジタルコレクション 「豊臣秀勝」 『豊太閤と其家族』 日本学術普及会〈歴史講座〉、1919年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953289/50 国立国会図書館デジタルコレクション 
  3. ^ 後陽成天皇より村雲の寺地と「瑞龍寺」の寺号、寺領1000石を与えられ、代々皇女公家の娘を住職として迎えたので、尼門跡といわれる。
  4. ^ 母の豊臣完子は日秀尼の孫娘にあたる

参考文献編集

関連項目編集

交通アクセス編集