善都

愛知県豊田市に本社を置く企業

株式会社善都(ぜんと、: ZENT corporation)は、愛知県豊田市に本社を置くパチンコホールのチェーン事業を行う企業。

株式会社善都
ZENT corporation
株式会社善都本社.jpg
株式会社善都本社(豊田市若宮町7-1-11)
ZENT豊田本店.jpg
ZENT豊田本店(豊田市若林西町北長根13-12)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
471-0026
愛知県豊田市若宮町7-1-11
北緯35度5分21.1秒 東経137度9分16.2秒 / 北緯35.089194度 東経137.154500度 / 35.089194; 137.154500座標: 北緯35度5分21.1秒 東経137度9分16.2秒 / 北緯35.089194度 東経137.154500度 / 35.089194; 137.154500
設立 1987年2月
(創業:1971年11月
業種 サービス業
法人番号 2180301018787 ウィキデータを編集
事業内容 遊技場の経営
不動産開発事業
代表者 代表取締役社長 都筑晶裕
資本金 5,000万円
売上高 1146億4200万円
(2020年12月31日時点)[1]
営業利益 4億5300万円
(2020年12月31日時点)[1]
経常利益 3億0400万円
(2020年12月31日時点)[1]
純利益 3億4400万円
(2020年12月31日時点)[1]
純資産 330億7800万円
(2020年12月31日時点)[1]
総資産 576億8800万円
(2020年12月31日時点)[1]
従業員数 1,014名 (アルバイト含む)
支店舗数 24店舗
関係する人物 都筑順雄都筑晶裕
外部リンク https://www.zent.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

1971年11月に創業、1987年2月法人化。長らく愛知県内のみで店舗を展開していたが、2007年から岐阜県にも出店している。

元々は「Apan777(エーパンスリーセブン)」の店舗名だったが、後に「ZENT(ゼント)」での出店を開始。2001年に店舗名を「ZENT」に統一。

北関東で同名のパチンコホールを展開している平成興業1989年2月設立)と資本関係はない。なお「ZENT」の商標は善都が保有している[注 1]

2019年2月12日をもって豊岡商事(店舗名「マルマン」)から3店舗の事業を継承[2]

店舗編集

愛知県

  • 豊田本店
  • 小坂店
  • 梅坪店
  • 吉原店
  • 大清水店
  • 下市場店
  • 若林店
  • 上地店
  • 岡崎インター店
  • 豊橋藤沢店
  • 猪高店
  • 名古屋北店
  • 原店
  • 長久手店
  • 和合ヶ丘店
  • 住吉店
  • 稲沢店
  • 木曽川店
  • 扶桑店

岐阜県

  • 坂祝店
  • 可児店
  • 多治見店
  • 市ノ坪店
  • 各務原店

イメージキャラクター編集

モータースポーツ編集

 
2005年にダブルタイトルを獲得したゼントセルモスープラ

モータースポーツへの支援に積極的な企業としても知られている。

1991年のシーズン終盤にF1ドライバーベルトラン・ガショーのパーソナルスポンサーとなったのが始まりである。その年の最終戦にガショーがラルースチームからスポット参戦したのに伴い、チームのスポンサーにもなった。以降ラルースを皮切りに同じくF1のティレルル・マン24時間レースに参戦したトヨタ・チーム・ヨーロッパJTCCトムスなどのスポンサーを務めた。

2005年からはSUPER GT・GT500クラスに参戦するチームセルモのメインスポンサーとなっている。この他に、2010年2011年はGT300クラスのTEAM SAMURAI、2012年2013年はGT300クラスの一ツ山レーシングのスポンサーとなり、善都の専務である都筑晶裕が両チームでレギュラードライバーを務め、社長の都筑善雄が両チームで1戦ずつスポット参戦している。

2012年よりル・マン24時間レース及びFIA 世界耐久選手権に参戦するトヨタ・レーシングのスポンサーも務めている。

レースクイーン「ZENT sweeties」編集

ZENT sweeties
基本情報
名称ZENT sweeties
職種レースクイーン
職域芸能人
詳細情報
就業分野SUPER GT撮影会イベント
関連職業グラビアアイドルタレントモデル
平均年収非公表

全日本GT選手権時代には山田美穂[注 2](2002年 - 2003年)、永野さおり(2002年)、諸岡愛美(2003年)、加藤晶子(2004年)がZENTのレースクイーンを務めていたが、SUPER GTになった2005年以降は毎年4 - 6名の体制となり、そのユニット名として「ZENT sweeties(ゼントスイーティーズ)」という名称が付けられている。

SUPER GTイメージガールA-class同様、プラチナムプロダクション所属者の選出が多かったが、2016年小林レイミから2022年黒木麗奈とナタリア聖奈が起用されるまで6年間途絶えていた[3]。また2年以上選ばれる人も多く、遠野千夏は歴代最長の4年間務めた。

「ZENT sweeties」のプロデュースは、ZENTの経営者一族の会社であるティースタイル株式会社(メンバーズクラブ運営、労働者派遣、カフェ運営などの事業をしている)が行っており、関連会社のティースタイルマネージメント[注 3]所属者の起用が近年目立ってきている。

歴代メンバー一覧
年度 メンバー 備考
2005年 片瀬まひろ
山崎みどり
長谷川優子
寺本祐香里
秋山まい
則島奈々美
2006年 片瀬まひろ
山崎みどり
古谷香織
村岡沙耶香
志摩夕里加
2007年 山崎みどり
村岡沙耶香
大矢真夕
古澤恵
山内智恵
森田香央里
2008年 森田香央里
大矢真夕
古崎瞳
飯田順子
2009年 大矢真夕
飯田順子
遠野千夏
南香織
2010年 遠野千夏
天野由加里
木村好珠
佐竹茉里奈
花井瑠美
成島桃香
平成生まれのメンバー(佐竹・木村)が選ばれた初めての年。
木村は同年に日テレジェニックに選ばれている。
2011年 山崎麻衣
鳥飼ゆかり
前田真麻
片瀬友梨耶
花井瑠美
角田香澄
遠野千夏
当初は続投者なしの4人編成として発表されたが[4]、その後角田と花井が加入。
さらに同年7月には前年限りで卒業していた遠野が復帰し[5]過去最多の7人編成となった。
鳥飼は所属事務所の方針により、チーム主催の撮影会は水着NGで行っていた。
2012年 遠野千夏
前田真麻
橋本雪乃
久保エイミー
岡咲翔子
柏木美里
当初は5人編成として発表されたが、後に柏木が追加され6人に増員[6]
この年ミスFLASHのグランプリにも選ばれた遠野は歴代最長の4年連続参加となった。
2013年 水谷望愛
千葉悠凪
加藤桃子
おのののか
松川愛
神谷まりな
2014年 千葉悠凪
吉浦遥
有馬綾香
小嶋千尋
メンバー全員が1980年代生まれとなったのはこの年が最後である。
2015年 有馬綾香
神谷まりな
早瀬あや
太田麻美
有馬が2年連続、神谷が2年ぶりに復帰した一方、
9年連続で起用されていたプラチナムプロダクションが落選。
代わりにワイエムエヌ所属の太田[注 4]がレースクイーンデビューとなった。
有馬は昭和生まれ[注 5]最後のsweetiesメンバーである。
2016年 早瀬あや
田中梨乃
岩瀬香奈
犬塚志乃
山口真季
小林レイミ
当初は5人でのお披露目だったが[7]
その後プラチナム所属の小林が追加された結果[8]
初めてメンバー全員が平成生まれ&1990年代生まれとなった。
2017年 藤木由貴
丸山帆成美
佐藤衣里子
朝倉恵理子
川上恵里佳
最初は4人がヒントで発表されていたが、
メンバー発表会当日に新人の川上が追加されて11年ぶりの5人体制に。
佐藤はワンエイトプロモーション所属者としては初のsweetiesメンバーとなった。
2018年 藤木由貴
川村那月
チャナナ沙梨奈
大柳麻友
3年ぶりの4人編成。
川村は決定直後に芸名を「川村直央」から改名した[9]
2019年 川村那月
チャナナ沙梨奈
福江菜々華
南まりあ
芹沢まりな
澤田実架
この年はInstagramでメンバーを順番に発表し、
東京での発表会当日に澤田が追加され3年ぶりの6人編成となった[10]
澤田は2000年代生まれ[注 6]としては初のsweetiesメンバーとなる。
2020年 今井みどり
高橋菜生
桜田莉奈
藤永妃央、美月
3年ぶりの総入れ替え・5人体制に[11]
2021年 亀澤杏奈
藤井マリー
高橋菜生
小湊美月
松田蘭
この年はSHOWROOMで行われたオーディションで亀澤と藤井を選出[12]
その後残りの3人を発表し前年同様の5人体制となった[13]
美月は継続発表後に「小湊美月」と名義を改めた[14]
2022年 亀澤杏菜
藤井マリー
松田蘭
花乃衣美優
黒木麗奈
ナタリア聖奈
3年ぶりの6人編成[3]
亀澤は続投を機に杏奈を「杏菜」に改めた[15]
ナタリアは21世紀生まれ[注 7]初のsweetiesメンバーで、
亀澤[注 8]との年齢差は11年5か月と、歴代で最も大きい。

受賞歴編集

年度 受賞者
レースクイーン・オブ・ザ・イヤー '07-'08 山崎みどり[16]
'08-'09 大矢真夕[17]
'14-'15 早瀬あや[18]
日本レースクイーン大賞 2015 新人グランプリ:早瀬あや[19]
2019 [20][21] グランプリ:川村那月
コスチュームグランプリ:ZENT sweeties 2019
新人部門準グランプリ:澤田実架
2021 クリッカー賞:藤井マリー[22]
サンケイスポーツ
レースクイーンAWARD
2019 グランプリ:川村那月[23]

関連会社編集

  • 株式会社喜翔(遊技場の経営、保険代理店業務)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 日本第3032666号第3100283号第3142617号等(特許情報プラットフォーム
  2. ^ 声優の山田美穂(現:山田みほ)とは別人。
  3. ^ ビーチウォーカーズ・マネージメントグループ系列でもある。
  4. ^ 後にアイズに移籍。
  5. ^ 1988年(昭和63年)6月23日生。
  6. ^ 2000年平成12年)1月22日生。
  7. ^ 2003年(平成15年)3月15日生。
  8. ^ 1991年(平成3年)10月5日生。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 株式会社善都 第34期決算公告
  2. ^ “豊岡商事㈱から吸収分割により事業承継しました豊田市内の3店舗が営業開始” (プレスリリース), ZENT, (2019年2月16日), https://www.zent.co.jp/news/detail.php?id=209 2019年12月17日閲覧。 
  3. ^ a b 【RQ決定情報2022】人気ユニットZENTsweeties2022年メンバー発表。大注目のラインアップに”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  4. ^ ZENT sweeties 2011です!”. ZENT sweetiesオフィシャルブログ. CyberAgent (2011年2月21日). 2021年12月15日閲覧。
  5. ^ メンバーが増えました〜!”. ZENT sweetiesオフィシャルブログ. CyberAgent (2011年7月13日). 2015年3月18日閲覧。
  6. ^ 柏木美里 (2012年3月13日). “発表します!”. オフィシャルブログ「柏木美里物語」. CyberAgent. 2021年12月15日閲覧。
  7. ^ ZENT sweeties2016メンバー発表!”. ZENT sweetiesオフィシャルブログ. CyberAgent (2016年3月14日). 2021年12月15日閲覧。
  8. ^ 矢沢隆則 (2016年3月22日). “2016年「ZENT sweeties」メンバー&コスはこれだ!”. レースクイーン. All About. 2016年3月22日閲覧。
  9. ^ 改名”. 川村那月オフィシャルブログ. CyberAgent (2018年3月17日). 2018年4月11日閲覧。
  10. ^ 人気レースクイーンユニットZENT sweetiesがお披露目。新コスチュームはファッショナブルなデザインに”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2019年4月8日). 2019年4月9日閲覧。
  11. ^ “人気のZENT sweeties発表。2020年はメンバーを入れ替え5人体制に”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄. (2020年3月9日). https://www.as-web.jp/race-queen/571855?all 2020年6月14日閲覧。 
  12. ^ ZENT sweeties 2021オーディション【SHOWROOM選考】”. SHOWROOM (2021年2月24日). 2021年3月30日閲覧。
  13. ^ 【RQニュース】ZENT sweetiesが2021年の新コスチュームをお披露目”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2021年3月30日). 2021年3月30日閲覧。
  14. ^ 小湊美月 [@mizuki_harapeko] (2021年3月27日). "そして、皆様にご報告を。今シーズンから名前を"小湊美月"に改名することになりました!" (ツイート). Twitterより2021年3月30日閲覧
  15. ^ 亀澤杏菜 [@anchiy1005] (2022年3月2日). "〜ZENTsweeties2022の発表と共にお知らせです〜 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが…、この度『亀澤杏奈』から『亀澤杏菜』へ改名を致しました!" (ツイート). Twitterより2022年3月3日閲覧
  16. ^ レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 06-07 山崎みどりさんが授賞”. Response.. 株式会社イード (2007年3月7日). 2020年1月25日閲覧。
  17. ^ “レースクイーンNo.1は「くびれが自慢」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2009年3月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/03/20/kiji/K20090320Z00001480.html 2020年1月25日閲覧。 
  18. ^ “レースクイーン・オブ・ザ・イヤー:山形県の早瀬あやさんが頂点に”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2015年11月9日). https://mantan-web.jp/article/20151109dog00m200020000c.html 2020年1月25日閲覧。 
  19. ^ 北村篤裕 (2015年7月13日). “No.1新人レースクイーンの栄冠は誰の手に!?「日本レースクイーン大賞2015 新人部門」写真ルポ”. 日刊SPA!. 扶桑社. 2020年1月25日閲覧。
  20. ^ GOODRIDE日本レースクイーン大賞2019・グランプリは「川村那月さん」に決定!【東京オートサロン2020】”. クリッカー. 株式会社三栄 (2020年1月12日). 2020年1月25日閲覧。
  21. ^ 夢のグランプリ”. 川村那月オフィシャルブログ. CyberAgent (2020年1月16日). 2020年1月25日閲覧。
  22. ^ 東京オートサロン2022で日本レースクイーン大賞2021のの表彰式開催。グランプリは川瀬もえさん”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2022年1月15日). 2022年1月19日閲覧。
  23. ^ “「サンケイスポーツ レースクイーンAWARD2019」開催への道のり”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2019年10月6日). https://www.sanspo.com/article/20191006-F3F7ZOTIFNIYBJGNKZTTHXWQT4/ 2020年1月25日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集