メインメニューを開く

喜入 友浩(きいれ ともひろ、1993年8月27日[1] - )は、TBSテレビアナウンサーである。

きいれ ともひろ
喜入 友浩
プロフィール
生年月日 (1993-08-27) 1993年8月27日(25歳)
最終学歴 東京大学 教育学部卒業
勤務局 TBSテレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2017年 -
公式サイト 喜入友浩
(TBSアナウンスBoo!!)
出演番組・活動
出演中 Nスタ(日曜日)

目次

経歴編集

アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれで、4歳から福岡県で過ごした[1]

福岡教育大学附属福岡中学校福岡県立修猷館高等学校卒業[2][3]

1年浪人して東京大学理科I類へ入学し[1]教育学部総合教育科学科・心身発達科学専修(身体教育学コース)卒業[4]

小学校2年生から野球をしており、東京大学でも野球部に所属し、一学年下で後に北海道日本ハムファイターズに入団する宮台康平の女房役(捕手)も務めた[1]

エントリーシートを提出したのは3社で、いずれもアナウンサー職のみだった[1]

手品が好きで、入社試験の面接で「野球がなければ何が残るか?」と聞かれて、その場でスプーンを曲げたり、マジックを披露した[1]

大学卒業後、2017年4月にTBSのアナウンサーとして入社した。同期入社は山形純菜山本里菜。なお、東京大学野球部から民放キー局アナウンサーに転進した史上初の人物でもある[5]

2017年7月18日、同期の山形・山本と共に、赤坂デリシャカスのPRを兼ねて『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』(TBSラジオ)へ出演した[6]

2017年9月3日(日曜日)に、TBSテレビ報道番組Nスタ』日曜版のキャスターとして、レギュラー番組を初めて担当[7]。2018年からは、スポーツアナウンサーとしても活動している。

人物編集

家族は両親がいる。身長179cm、体重77㎏[1]

中学3年の2008年10月、「第60回全日本中学校英語弁論大会 福岡県大会」に30名参加した中で6位に入賞したことがある[8]

野球は右投げ右打ちで、修猷館高等学校時代はでは2年秋から正捕手。3年夏は福岡大会3回戦敗退。

東京大学では1年秋からベンチ入りし、2年秋から正捕手に定着した。リーグ戦通算64試合で202打数40安打(打率.198)、1本塁打。大学3年の2015年5月23日、東京六大学野球・春季リーグ戦で法政大学に勝利し、2010年秋から続いていた東京六大学リーグ最長の連敗記録「94連敗」がストップした。[1] 2年生の秋季リーグでは大竹耕太郎からホームランを放っている。4年生のときには東京六大学選抜チームに選出され、オランダで開催されるハーレムベースボールウィークに出場している。

TBS入社1年目の2017年には、大学時代にバッテリーを組んでいた宮台がNPBドラフト会議の指名候補選手の1人に挙げられていたことから、会議当日(10月26日)には母校に設けられた記者会見場で待機。宮台が北海道日本ハムファイターズから7巡目で指名されたことを受けて開かれた記者会見では、指名を祝う言葉を宮台に伝えたうえで、TBSの取材リポーターとして宮台に質問を投げ掛けた[9]。結局、宮台は日本ハムへ入団している。

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

脚注編集

外部リンク編集