メインメニューを開く

喜劇 駅前医院』(きげき えきまえいいん)は、1965年1月15日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。94分。

喜劇 駅前医院
JR-Noborito-Sta-Ikutarokuchi.JPG
映画の舞台の一つである登戸駅(写真は2015年当時)
監督 佐伯幸三
脚本 斎藤良輔長瀬喜伴
製作 佐藤一郎金原文雄
出演者 森繁久彌
フランキー堺
伴淳三郎
三木のり平
音楽 松井八郎
撮影 岡崎宏三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1965年1月15日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前天神
次作 喜劇 駅前金融
テンプレートを表示

キャッチコピーは「医者にヤクザにおまわりさん てんやわんやの駅前通り!」。

概要編集

『駅前』シリーズ第11作。

本作は登戸駅小田急小田原線南武線)近辺の病院を舞台にし、森繁久彌が『喜劇 駅前団地』以来9作振りに病院の院長役を演じた。

なお本作の脚本は、長瀬喜伴が単独ではなく、斎藤良輔と共同で手掛けている。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

勇者のみ

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集