メインメニューを開く

喜劇 駅前天神』(きげき えきまえてんじん)は、1964年10月31日東宝系で公開された日本映画東京映画作品。カラー。東宝スコープ。91分。

喜劇 駅前天神
湯島天満宮 拝殿.JPG
本作撮影現場の1つである湯島天満宮の拝殿
監督 佐伯幸三
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎
金原文雄
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
三木のり平
音楽 広瀬健次郎
主題歌 「一寸先はわからない」
撮影 黒田徳三
編集 広瀬千鶴
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年10月31日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前音頭
次作 喜劇 駅前医院
テンプレートを表示

目次

概要編集

駅前シリーズの第10作。本作は、東京湯島天満宮(湯島天神)近辺にて話が展開される。

本作に登場する駅は「天神前」という地下鉄駅で、駅入口には帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)の「S」マークも見られるが、営団地下鉄(および東京地下鉄)にこの名称の駅は存在しない。物語後半には、フランキー堺演じる次郎と池内淳子演じる染子が開業直後の東海道新幹線岐阜へ行く場面があり、同様に開業直後で駅周辺が未開発状態であった岐阜羽島駅が映されている。

歌のゲストは畠山みどり。また、この年に55本目となるホームランと年間本塁打数新記録を達成した王貞治(当時読売ジャイアンツ選手)も、『喜劇 駅前飯店』以来の出演を果たしている。そして本作で、中村メイコがレギュラーキャスト入りした。

スタッフ編集

  • 製作:佐藤一郎、金原文雄
  • 脚本:長瀬喜伴
  • 監督:佐伯幸三
  • 撮影:黒田徳三
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 美術:小島基司
  • 照明:比留川大助
  • 録音:長岡憲治
  • スチール:大谷晟
  • 編集:広瀬千鶴

出演者編集

主題歌編集

「一寸先はわからない」
作詞:関沢新一 / 作曲:安藤実親 / 歌:畠山みどり(コロムビアレコード

同時上映編集

参考文献編集

外部リンク編集