メインメニューを開く

喜劇 駅前温泉』(きげき えきまえおんせん)は、1962年7月29日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ東京映画作品。103分。

喜劇 駅前温泉
Bandaiatami.jpg
映画の舞台である磐梯熱海駅(当時:岩代熱海駅)
監督 久松静児
脚本 長瀬喜伴
製作 佐藤一郎金原文雄
出演者 森繁久彌
伴淳三郎
フランキー堺
三木のり平
五月みどり
撮影 岡崎宏三
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年7月29日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 喜劇 駅前弁当
次作 喜劇 駅前飯店
テンプレートを表示

目次

概要編集

駅前シリーズ』第4作。本作から三木のり平池内淳子沢村貞子がレギュラーに加わり、シリーズの基礎が固まり始めた。

本作の舞台は福島県岩代熱海駅(現:磐梯熱海駅)で、豪華ホテルの出現で寂れてしまった旅館街を立て直そうと悪戦苦闘する様を描く。

芸者役で歌手の五月みどり神楽坂まん丸が出演、これ以降歌手のゲストは名物となる。

なお上映時間103分というのは、シリーズでは初作品『駅前旅館』の109分に次ぐ記録である。

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

ニッポン無責任時代

参考資料編集

関連項目編集