メインメニューを開く

人物・経歴編集

活動時期は不明だが、幼少期には子役として活動。10歳の時に、『大江戸捜査網』(テレビ東京)へ出演した[1]

日本大学豊山女子高等学校から日本大学芸術学部放送学科へ進学。学生時代には、『深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)を録音したうえで、通学中に聴いていたという[2]。その一方で、大学時代には、『M-1グランプリ』に「いか天ピーナッツ」のコンビ名で出場。最高成績は3回戦進出だった。

『M-1グランプリ』を主催する朝日放送へ、2004年にアナウンサーとして入社。入社2年目の2005年4月から、『おはよう朝日です』(平日早朝にテレビで放送中の情報番組)のアシスタント(サブキャスター)を、11年半にわたって担当してきた。担当期間中には一時、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』(朝日放送テレビ制作の全国ネット番組)にも、初代アシスタントとして出演。『M-1グランプリ』にも、テレビ中継のリポーターや、ラジオでの連動番組の進行役として携わった。ラジオ番組では、笑福亭鶴光桂文三トミーズなどのパートナーを務めたほか、演芸番組の『満員御礼!福島一丁目劇場』でも文三と共にパーソナリティを担当した。

地上デジタル放送推進大使「TEAM2011」には、結成当初から参加すると、活動を終了するまでほとんどの活動に関わっていた。2010年2月には、朝日放送の女性アナウンサーでは初めて、テレビ版の美人時計『bijin-tokei×ABC』に出演。翌3月分の『bijin-tokei×ABC』にも、乾麻梨子八塚彩美と共に登場している。

『おはよう朝日です』では、2011年2月4日放送分で朝日放送の局員との結婚[3]、2016年7月1日放送分で妊娠5ヶ月であることを発表[4]。2016年9月30日(金曜日)放送分で卒業すると、翌10月1日から産前産後休暇を取得した後に、同年の12月第2週に第1子(女児)を出産した[5]

朝日放送では、テレビ・ラジオとも、喜多の休暇前に収録したナレーション・CMの一部を休暇後も放送。喜多自身も、2018年3月から、アナウンサーとして職場に復帰している[6]。同年4月改編からは、『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』(『ドキハキ』)の金曜パートナーを中心に、朝日放送ラジオの番組へのレギュラー出演を再開。朝日放送テレビのアナウンサー室では、デスク(勤務管理)業務にも就くようになった。さらに、2018年6月以降は、年に2回設定される「ABCラジオ スペシャルウィーク」のキャンペーンキャラクターも務めている。

2019年4月改編からは、西森洋一(モンスターエンジン)とのコンビで、『喜多・西森のゆかいな金曜日!』(自身が出演していた『ドキハキ』の金曜枠を引き継ぐ冠番組)のパーソナリティを担当。また、『キャスト』の月曜日に新設される「喜多ゆかりに おまかせください!」という冠コーナーで、テレビ番組へのレギュラー出演を再開した[7]

出演編集

テレビ編集

現在編集

過去編集

以下の番組では、いずれもナレーターを担当。

テレビドラマ編集

  • チア☆ドル(2015年) - 女医役[8]
  • 必殺仕事人2015(2015年、朝日放送・テレビ朝日共同制作)- 「夫に離縁された先妻が、集団で後妻の家に殴り込みを掛ける」という冒頭のシーンに、当時『おはよう朝日です』で共演していた平日版のエレクトーン奏者の赤崎夏実と揃って助太刀役で出演。

ラジオ編集

現在編集

  • 喜多・西森のゆかいな金曜日!パーソナリティ(2018年4月5日 - )
  • イベント倶楽部(2018年4月8日 - )
    • 『キャスト』のメインキャスターに就任した後輩アナウンサー・上田剛彦の後任として、当初は大野聡美と交互に出演。大野が報道局ニュースセンターの記者へ異動した同年6月以降は喜多が単独で担当する。ちなみに上田とは、2019年4月から『キャスト』の月曜日で共演。
  • ABCニュース
    • 産前産後休暇からの復帰後は、月 - 木曜の昼間を中心に担当。
  • 喜多ゆかりのリハビリ~ラジオ!(2018年度から『日曜スペシャル』枠で不定期放送)- パーソナリティ
    • 産前産後休暇から復帰後初めての冠番組で、『おはよう朝日です』のアシスタント時代に長らく共演していた七井貴行がパートナーとして出演。

過去編集

映画編集

CM編集

  • ABCハウジング(2012年 - 、テレビ・ラジオとも朝日放送・関西ローカル限定で放送、新聞広告にも登場)
    • 基本として単独で出演。2013年10月から2014年3月までは、既婚の先輩アナウンサー・小寺右子と共演していた。テレビCMでは、2016年4月から、「エビシー」の着ぐるみと一緒に登場するバージョンも放送。
    • テレビCM・新聞広告については、産前産後休暇中の2017年から、『おはよう朝日です』の後任アシスタント・川添佳穂が単独で登場するバージョンに変更。ラジオでは、同年以降も、かつて同番組の司会者として喜多と共演していた浦川泰幸(いずれも朝日放送テレビの同僚アナウンサー)と声を当てたCMを放送している。

その他編集

いずれも、朝日放送への入社前に子役として出演。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ABC『おはよう朝日です』喜多アナ、女医役でドラマ出演「実は子役やっていました」”. ORICON STYLE (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ 朝日放送『おはよう朝日です』オフィシャルサイトより。
  3. ^ 『おはよう朝日です』で人気 喜多ゆかりアナ結婚へ スポーツニッポン 2011年2月4日閲覧
  4. ^ “『おは朝』喜多ゆかりアナ、第1子妊娠5ヶ月「肝っ玉母ちゃんに」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2074411/full/ 2016年7月1日閲覧。 
  5. ^ “ABC喜多ゆかりアナ 第1子長女出産 陣痛から出産まで18時間「壮絶でした」”. スポニチアネックス. (2016年12月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/15/kiji/20161215s00041000155000c.html 2016年12月15日閲覧。 
  6. ^ “ABC喜多ゆかりアナ1年半ぶり復帰 まさかの“キャベツブラ”告白”. スポニチアネックス. (2018年3月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/13/kiji/20180313s00041000031000c.html 2018年3月13日閲覧。 
  7. ^ “ABC道上洋三アナがテレビの夕方帯レギュラー出演”. nikkansports.com. (2019年3月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903190001053.html 2018年3月13日閲覧。 
  8. ^ ABC喜多アナ、セクシー女医役でドラマ出演「緊張感でガチガチ」”. スポニチ (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  9. ^ “あいはらMCラジオ特番、山里、赤江珠緒、コンちゃんらパーソナリティに質問”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年5月21日). https://natalie.mu/owarai/news/282993 2018年6月4日閲覧。 
  10. ^ 喜多らの前振りに続く上の句に相当する投稿を小川恵理子、下の句に相当する投稿を桑原が読み上げ、出来上がったフレーズの面白さを競うというもの。

外部リンク編集