喜志 哲雄(きし てつお、1935年11月10日 - )は、英米演劇学者、京都大学名誉教授

兵庫県西宮市生まれ。1958年京都大学文学部英文科卒、1960~61年コロンビア大学留学。1964年京大大学院博士課程満期退学、同年京大教養部専任講師、1967年助教授。1973年文学部英文科助教授、1982年教授。この間、1967年から一年間スタンフォード大学客員准教授、1980年インディアナ大学客員教授。1996年から1998年まで京大大学院文学研究科長。1999年定年退官。2009年兵庫県文化賞受賞。2010年『シェイクスピアのたくらみ』でAICT(国際演劇評論家協会)演劇評論賞受賞。2015年京都府文化賞・特別功労賞受賞[1]。2019年兵庫県功労者「県勢高揚功労」受賞。

ハロルド・ピンターなど現代英米演劇を翻訳した。

著書編集

  • 『劇場のシェイクスピア』早川書房 1991
  • 『英米演劇入門』研究社 2003
  • 『喜劇の手法 笑いのしくみを探る』集英社新書 2006
  • ミュージカルが《最高》であった頃』晶文社 2006
  • 『シェイクスピアのたくらみ』岩波新書 2008
  • 『劇作家ハロルド・ピンター』研究社 2010

翻訳編集

参考編集

  • 『文藝年鑑2007』
  • 『京大文学部の50年』

編集