メインメニューを開く

喜瀬 浩(きせ ひろし、1947年4月30日 - )は、札幌テレビ放送(STV)の元アナウンサーである。身長175cm。番組などでは「喜瀬ひろし」と表記されることもある。

目次

略歴編集

北海道亀田郡亀田村(現函館市)出身。実父の転勤により、小学校から大学まで東京都で育つ。

中央大学法学部政治学科卒業後、1970年札幌テレビ放送入社(同期に阿久津正行平山恵美子暮地雅子)。

1970年代後半よりラジオ番組を中心に担当し、日曜日朝のベストテン番組「北海道ヤングヒット10」などで人気を得た。熱狂的な東京ヤクルトスワローズのファンである。

HBCと自社制作番組で長くライバル関係にあった平日14時台のテレビ番組「2時ワイド」を担当後、1985年よりSTVラジオときめきワイド」を23年間にわたって担当した。

編成局アナウンス部付専門部長職を最後に、2007年4月30日付で札幌テレビ放送を定年退職後もフリーアナウンサーとして、『ときめきワイド』『オハヨー!ほっかいどう』(木曜日・金曜日)など、STVラジオを中心に活動している。

元々歌手志望だったこともあり、STVアナウンサー時代に歌手としてCDも発売した。

現在の担当番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

過去の担当番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

CD編集

シングル編集

以下、登場している人名はすべてSTVアナウンサー(当時)。

  • 時計台のある街 (1985年)
    • 当時、パーソナリティをしていたラジオ番組「奥様ジャーナル」で、作詞作曲者不詳だったこの曲が話題となり、同曲のレコードを出すことになった。
    • B面は、大澤宏一(当時「歌謡ワイド ハイ大沢です」パーソナリティ)「愛を贈ろう」。
    • 後に同曲の作詞作曲者が、札幌を中心に活動するミュージシャン浅沼修が17歳当時に発表した作品と判明した。
  • 愛の二重奏(1990年11月21日発売。織田亮子とのデュエット、日本コロムビア。カップリングは明石英一郎木村洋二の「“ん”音頭」)
  • ふたりの札幌(1999年11月19日発売。室田智美とのデュエット、ポニーキャニオン
  • あしたへの道(2002年3月16日発売、日本クラウン。両A面で工藤じゅんき「映画のような人生を」も収録)

その他編集

以下の作品にも参加している。

外部リンク編集

喜瀬ひろし(STVラジオ)


1975年アタックヤングパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 高野義雄 喜瀬浩
火曜 小林裕幸 河村通夫
水曜 工藤浩 村上元昭
木曜 村上元昭 高野義雄
金曜 臼井佳子
土曜 放送なし
日曜 喜瀬浩 横山和之