メインメニューを開く

四つのノー、一つのない(よっつのノー、ひとつのない、繁体字: 四不一沒有簡体字: 四不一没有)とは、2000年5月20日陳水扁中華民国総統就任演説で述べた中華民国台湾)と中華人民共和国(中国)との関係に関する指針。

内容編集

原文

只要中共無意對臺動武、本人保證在任期之內、不會宣佈獨立、不會更改國號、不會推動兩國論入憲、不會推動改變現狀的統獨公投、也沒有廢除國統綱領與國統會的問題。

日本語訳

中国共産党台湾に対して武力行使を行う意図が無いとするうちは、自分の任期中において、独立を宣言せず、国号を変更せず、両国論を憲法に加えることは進めず、統一か独立かの国民投票は行わず、国家統一綱領国家統一委員会の廃止という問題もない

なお2006年2月27日に統一綱領・統一委員会とも「終止」(事実上廃止)された。陳水扁政権は、前年に中華人民共和国が反国家分裂法を制定したことにより、「四つのノー、一つのない」の前提条件が失われたためと主張した。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

中華人民共和國
中華民國
アメリカ
  1. ^ 李敖著,《李敖議壇哀思錄》,李敖出版社2007年11月出版,ISBN 978-957-41-5008-3,第534頁。