メインメニューを開く

四万十川

日本の高知県を流れる渡川水系の一級河川

四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる一級河川で渡川水系の本流である[2] 。全長196km、流域面積2186km2[1][注 1]四国内で最長の川である。本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」、また柿田川長良川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれる。名水百選[3]日本の秘境100選にも選ばれている。ただし、政府による科学的な水質調査では、全国の調査対象河川の中で際立って水質が良いわけではない[4]

四万十川
Shimanto River And Iwama Bridge 1.JPG
四万十川(岩間沈下橋付近)
水系 一級水系 渡川(四万十川)
種別 一級河川
延長 196 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 2186[1] km²
水源 不入山高知県高岡郡津野町
水源の標高 1,336 m
河口・合流先 土佐湾高知県四万十市
流域 日本の旗 日本 高知県
テンプレートを表示
四万十川(佐田沈下橋付近)
四万十川(中半休憩所付近)

四万十川には支流も含めて47の沈下橋があり、高知県では生活文化遺産として保存する方針を1993年に決定している。

地理編集

高知県高岡郡津野町不入山(いらずやま)を源流とし、高知県中西部を逆S字を描くように蛇行しながら多くの支流を集め、四万十市太平洋に注ぎこむ。河口附近では「渡川」という名前であるため、水系名は「渡川水系」となっている。

清流2つの名前編集

「日本最後の清流」といえば、「四万十川」を想起するほどに有名になっているが、河川法上では1928年から1994年まで「渡川」が正式名称だった。1896年(明治29年)の旧河川法により、1928年(昭和3年)11月1日に「渡川」を法律上の公式名称に採用。その後の昭和39年の新河川法でもそのままだったが、平成6年7月25日に「四万十川」と改名された。一級河川の名称変更はこれが初めてで、この川が「日本最後の清流」として、全国的に有名となり認知されているという実情によるところが大きい[5]。同じ高知県では、知名度では劣るものの仁淀川の方に水質では軍配が上がる。

江戸時代には「四万十川」と書いて「わたりがわ」と呼ばれていたこともあるという。宝永5年(1708年)の土佐物語には「四万十川 わたりがわ」と記されているという。

一方、周辺の河川名を見ると、古来関係の深かった九州に向かって「向川(現在名:中筋川)」、「渡川」を渡って中村(四万十市)の市街、その後ろに「後川」があり、位置的な名称と考えることもできる。

「四万十川」の語源については、諸説があり定かではない[6][7]

  • 数多くの川(四万十の川)が合流している川である。
  • アイヌ語の「シ・マムト」(非常に美しい)が変化したものである。
  • 上流部の支流四万川と中流部の支流十川、あるいは上流部の四万川村と中流部の十川村連称地名である[8]
  • 四万石の材木を十回流し送るほど、豊かな森があったという林業の盛んな川である[9]
  • アイヌ語の「シマト」(砂礫の多い所)から来たものである。

一方、「渡川」の語源については、以下の2つの説がある[7]

流域概要編集

 
佐賀堰堤(通称家地川ダム)
 
若井沈下橋(若井大橋下流)
 
四万十川にかかる沈下橋(佐田沈下橋)
 
四万十川橋(赤鉄橋)

不入山から流れ出た川は、山間を縫いながら周辺の小川を集めてだんだん太く大きな流れになってゆく。山清水を集めた川は清流の名にふさわしい透明な水をたたえて窪川盆地に入る。窪川盆地では周辺の田圃を潤すが、窪川駅近くでは四万十町内の下水道が流れ込み、清流とは言いがたい状態になる。その後、四万十川は四万十町家地川の佐賀堰堤(通称家地川ダム1937年竣工)という発電用ダム(堤高8.0メートルと小規模で、魚道も整えられていることから正確には堰堤)で水の半分近くを抜かれてしまう。特に上流の水量が少ない時期はダム直下の川底から水が消えてしまい、川が無くなる事もある。→ダムの水は黒潮町へ流れる伊与木川(伊与喜川)へ放流されている。ただ、このダムの存在により、四万十町の下水を含んだ水がほとんど下流に流れず、下流域の清流を保っている要因となっていることも事実である。

一旦細くなった四万十川は、四万十町田野々で梼原川と合流する。梼原川は水量が豊富な支流であり、四万十川本流を清流の様相に戻す。ただ、梼原川には津賀発電所下道堰堤(都賀ダム1944年竣工、堤高45.5メートル)というダムが存在する。合流点の少し下流には轟の瀬と呼ばれる落差の大きい急流がある。続く、四万十町昭和には最大の中州の三島があり、キャンプ場が整備されているほか、からにはアユ漁にいそしむ人々の姿が見られる。またテナガエビが名産であり、漁が行われるが、激減している。四万十町十川では、4月下旬から5月上旬にかけては鯉のぼりの川渡しが行われている(昭和49年から始められ、鯉のぼりの川渡し発祥の地である)。

四万十市西土佐江川崎で愛媛県に端を発する広見川と合流し更に川幅を広げ、ゆったりとした雰囲気をかもしだす。江川崎には温泉カヌーの施設があり、ここから下流はカヌーが行き交い、あちこちにキャンプ場が見られる。四万十川は流域に湧き水が多く、支流以外の随所から常時きれいな水が供給されている。

江川崎から少し下ると目黒川を合流する。この目黒川上流には滑床渓谷があり、川底の滑らかな岩盤が特徴で、紅葉の時期には観光客で賑わう。

下流は四万十市街の端を流れ、川幅も広くなり、満潮時には海水が遡上する。

沈下橋編集

四万十川の沈下橋は、本流に22本、支流を含めると47本ある。鉄筋コンクリート造りで、欄干がなく、通常の水位より2-3m上にかけられている。台風大雨時には沈下することで、流木などが橋脚などに引っ掛って滞留し水圧がかかり橋全体が破損、流失するのを防いでいる。このため徳島の吉野川では潜水橋と呼ばれている。増水し橋上20cm位の水位なら渡る人もいる。また酒酔い運転の自動車が夜中に運転を誤り転落する事故も少なくなく、この場合ほとんどは助からない。2011年には口屋内の沈下橋が台風でほとんどが崩壊した。沈下橋と川、周囲の山並みの醸し出すのどかな景観は、四万十川の代名詞にもなっており、しばしば好まれて写材にもなっている[10]

四万十川源流の森編集

不入山北麓に広がる四万十川源流のを中心とした森林であり四国カルスト県立公園の指定区域にあり、四万十川源流の森として水源の森百選に指定されている[11]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
不入山 215 740 ~1336 20 80 スギヒノキモミアカマツツガブナコウヤマキ 水源かん養保安林、保健保安林、学術参考林 流水(四万十川 1万5000

樹齢200年に近い自然林国有林が管理する針葉樹林人工林が茂る。源流はv字谷を刻み岩肌と森林の緑と清流石灰岩質の岩肌で渓谷美を形成している。

所在地
高知県高岡郡津野町大字船戸(データは指定年1995年平成7年)7月

主な支流編集

漁業編集

四万十川は水質も良く日本有数の清流で、古くからが盛んに行われてきた。天然ウナギアユゴリチチブ、ヌマチチブ)、ツガニ(モクズガニ)、テナガエビなどの魚介類のほか、青海苔の産地として知られている。四万十川は川漁で生計を立てている人が多いことでも日本有数の河川といえる。

テナガエビ編集

四万十川に生息する主なテナガエビは、ミナミテナガエビ、ヒラテテナガエビ(ヤマトテナガエビ)、テナガエビの三種類。四万十川でのテナガエビ類の年間漁獲高は30トン前後あり、ウナギや藻類に次いで多く、漁師にとって重要な水産資源となっている。高知県内の主要8河川と比較すると、四万十川が30トン前後なのに対し、他の7河川は2トン以下と少ない。

ミナミテナガエビとヒラテテナガエビは両側回遊を行う種で、河川で孵化した幼生は河口の塩度の濃い場所、または海まで下り、稚エビとなって川を遡上してくる。その期間は約1ヶ月。テナガエビは『汽水域』と『河川静水域、湖沼』に分布する2つのグループがあり、『汽水域』のテナガはミナミとヒラテ同様の孵化、遡上をするが『河川静水域、湖沼』のテナガは、卵の中でゾエアまで成長してから放出され、親エビと同じ環境で育つと考えられている。

流長196kmの四万十川の流れの中で、テナガエビ三種の流程分布は以下の通り。

  • ミナミテナガエビ - 河口から江川崎までの範囲。河口から50km。
  • ヒラテテナガエビ - 不破から大正までの範囲。河口から100km。
  • テナガエビ - 不破より下流域。河口から8km。

伝統漁法編集

四万十川では、以下のような伝統漁法が行われてきた。

柴漬け
テナガエビスジエビウナギ、魚
葉の付いたままの枝を束ね、水中に沈める。何日か置くと枝や葉の隙間にテナガやウナギ、カニ、魚等が住み着くので、柴漬けを上げ、大きな受け網の上で振るうと、獲物が落ちてくる。
コロバシ
テナガ、ウナギ
テナガ用とウナギ用があり、現在では塩ビ製の筒状の仕掛けを使う。テナガ用は径10×40cmくらい、ウナギ用は径4×70cmくらいの物を使い、入り口には戻し、出口には網を張ってあるので一度入れば出られないようになっている。セルビンと同じ原理。
石黒
ウナギ
岸近くに1.5mほどのすり鉢状の穴を掘り、その中に20cmくらいの石を隙間を作りながら、2、3段積み上げる。更にその上に5~10cmくらいの小石をピラミッド状に積む。こうしてできた石の山を『石黒』と呼ぶ。満潮時に石黒を解体し、囲い網に獲物を追い込む。
ゴリガラ曳
ヌマチチブ
四万十川流域ではハゼ科のチチブ、ヌマチチブの稚魚を「ゴリ」と呼ぶが、そのゴリを狙った漁法である。サザエ貝殻を何百個も吊るしたロープを両端の人が上流から下流に向けて曳き、サザエの光と音に驚いたゴリを網に追い込んで漁獲する。ゴリは佃煮卵とじにして賞味する。
火振り
アユ
夜間、火の着いた松明(たいまつ)を川面近くで振りながら網に鮎を追い込む。同時に櫂で水面を叩き、火と音に驚いて逃げようとするアユが網にかかる。

四万十を扱った作品編集

遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』は、四万十川を舞台としたテレビドラマである。

斎藤惇夫の児童文学作品『ガンバとカワウソの冒険』(また映画化作品)は仁淀川と四万十川を舞台のモデルとしている。

友好河川編集

隅田川と、1989年より友好河川である。

並行する交通編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2187km2とする文献も存在する。
    海津正倫(1982)愛媛県地形地域区分.『愛媛県の地域区分と地域設定に関する研究』.愛媛大学地域社会総合研究所報告, Ser.A.18.5–15.

出典編集

  1. ^ a b 国土交通省 水管理・国土保全局 日本の川 - 中国 - 四万十川 2019年10月17日閲覧。
  2. ^ 渡川水系河川整備基本方針 - 国土交通省河川局
  3. ^ 四万十川 - 名水百選 Archived 2011年9月26日, at the Wayback Machine. - 環境省
  4. ^ 平成23年全国一級河川の水質現況の公表について
  5. ^ 渡川水系河川整備基本方針 P4.
  6. ^ 日本の川の名の由来を教えてください”. 株式会社建設技術研究所. 2019年9月7日閲覧。
  7. ^ a b 川と人との歴史のものがたり 四国地方の古地理に関する調査報告書”. 四国地方整備局 - 国土交通省. p. 91. 2019年9月7日閲覧。
  8. ^ 梼原の清流~四万川川~│ゆすはら応援隊が行く!!│雲の上の町 ゆすはら ─高知県梼原町─”. www.town.yusuhara.kochi.jp. 2019年9月7日閲覧。
  9. ^ Company, The Asahi Shimbun. “高知のおもしろ駅名めぐり(下)~南国土佐よ、また今度 - ことばマガジン:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年9月7日閲覧。
  10. ^ アサヒカメラ」2012年9月号 76P-78P 雨の沈下橋 椎名誠朝日新聞社
  11. ^ 四万十川源流の森 - 水源の森百選 - 林野庁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集