メインメニューを開く

四千万歩の男』(よんせんまんぽのおとこ)は、小説家・劇作家の井上ひさし長編歴史小説伊能忠敬を主人公としている[1]

目次

概要編集

1976年1月1日号から1983年8月13・20日号まで『週刊現代』に連載された[1][2]1986年に「蝦夷編(上下)」が『日本歴史文学館』(講談社)の第22巻・第23巻として刊行。1989年に「伊豆編」が同じく別巻として刊行された後、1990年に同社の単行本で全5巻に再編された[1]1992年 - 1993年講談社文庫に収録(全5巻)[1]2001年NHK総合テレビジョン正月時代劇で「四千万歩の男・伊能忠敬」としてドラマ化された。

ストーリー編集

テレビドラマ編集

  • 放送日:2001年1月1日
  • 制作:NHK

スタッフ編集

出演編集

ほか

参考文献編集

  • 「四千万歩の男 忠敬の行き方」(井上ひさし著、講談社刊、2000年12月)

脚注編集

  1. ^ a b c d 鈴木純子「小説『四千万歩の男』をめぐって」『地図』第49巻第1号、日本地図学会、2011年、 1_25-1_27頁、 doi:10.11212/jjca.49.1_25
  2. ^ 井上ひさしの世界 全著作レヴュー(89 四千万歩の男・伊豆編)