メインメニューを開く
宮中祭祀
四方拝
歳旦祭
元始祭
先帝祭昭和天皇祭)
先帝以前三代の例祭
孝明天皇祭)
紀元節祭
祈年祭
天長祭〈天長節祭〉
春季皇霊祭・春季神殿祭
神武天皇祭皇霊殿御神楽
先后の例祭
香淳皇后祭)
節折大祓
先帝以前三代の例祭
明治天皇祭)
秋季皇霊祭・秋季神殿祭
神嘗祭
鎮魂祭
招魂祭
新嘗祭大嘗祭
賢所御神楽
先帝以前三代の例祭
大正天皇祭)
節折大祓
式年祭旬祭

四方拝(しほうはい)とは、毎年1月1日元日)の早朝、宮中で天皇が天地四方の神祇を拝する儀式。 四方を拝し、年災消滅五穀豊穣を祈る宮中祭祀[1]

概要編集

四方拜は、毎年1月1日(元日)の早朝、歳旦祭に先だって、宮中・神嘉殿の南庭で天皇が天地四方の神祇を拝する儀式である。祝祭日が法定された明治時代初期から1945年(昭和20年)頃までは、この宮中祭祀の行われる1月1日は四方節とよばれていた。皇室令の一つである皇室祭祀令(明治41年皇室令第1号)第23条は、「歳旦祭ノ当日ニハ之ニ先タチ四方拝ノ式ヲ行ヒ…但シ天皇喪ニ在リ其ノ他事故アルトキハ四方拝ノ式ヲ行ハス」と定める。1947年(昭和22年)に同令が廃止された後は、皇室の私的な行事として、旧例に準拠して行われている。

儀式の大要は次の通りである。1月1日(元日)の午前5時30分に、天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、皇居宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた仮屋の中に入り、伊勢神宮皇大神宮豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神祇を拝する。この時に天皇が拝する神々・天皇陵は、伊勢神宮天神地祇神武天皇陵・先帝三代の各山陵[2]武蔵国一宮氷川神社)、山城国一宮(賀茂別雷神社賀茂御祖神社)、石清水八幡宮熱田神宮常陸国一宮鹿島神宮)、下総国一宮香取神宮)である。

2009年(平成21年)の四方拝は、当時の天皇(第125代天皇)の高齢化に伴う祭祀の簡略化により、皇居の御所において行われた。

沿革編集

草創期から江戸時代末期まで編集

平安時代編集

平安時代初期、嵯峨天皇の治世(9世紀初め)に宮中で始まったとされている。儀式として定着したのは宇多天皇の時代(9世紀末)とされ、『宇多天皇御記』の寛平2年元旦ユリウス暦890年1月25日)が四方拝が行われた最古の記録である。

病気疫病地震火災天災といった災い事はすべて祟りが起こすものと考えられ、祟りを起こすの存在をに例えたり、疫神として恐れたいた。[3]陰陽道が平安貴族社会を基盤にして呪術的に展開されており、律令制神祇祭祀の中に、陰陽要素を含む祭祀が数多く存在し、[4]疫神祭鎮花祭風神祭大祓宮城四隅疫神祭防解火災祭螢惑星祭など様々な、祭祀が行われており[5]京内を結界(聖なる領域と俗なる領域)し、京城四隅疫神祭、(都)、宮城四隅疫神祭(内裏)など、「四角四境」の祭祀を行い、世の安泰を願っていた。[6]

安土桃山時代編集

豊臣秀吉による陰陽師弾圧迫害が始まり、祈祷占い生業とする陰陽師地方に追いやり、一気に力を失っていき、当時陰陽寮にいた正式な陰陽師の数をはるかに超える陰陽師と名乗る人間が全国に流れた[7]戦国時代迫害で、筆頭の土御門家であっても陰陽道相伝法具などの多くを焼失した。陰陽道の最も重要な「大法」の泰山府君祭(たいざんふくんさい)の祭壇も喪失し、京都吉田神社から法具を借用して御所地鎮祭を行った。その影響が大きくあり、宮中祭祀神道色を色濃くしていった[8]

明治以前においては、院政を行っていた太上天皇が四方拝(院四方拝)を行う例もあった。

宮中祭祀において天皇が行う他の拝礼では、摂関神祇伯が代拝することもあったが、四方拝は天皇本人の守護星や父母に対する拝礼であるため、代拝は行われなかった。江戸時代に白川雅喬が著した『家説略記』には、四方拝は守護星・祖廟を拝礼する儀式であると述べて神道儀礼であることを否定している(「非神祭」)ことから、四方拝が道教陰陽道の下に成立した儀式であって、本来神道とは無関係な儀式であった可能性もある[9]

天皇に倣って、貴族や庶民の間でも四方拜は行われ、一年間の豊作と無病息災を祈った[10]が、時代を経るごとに宮中行事として残るのみとなった(ただし、江戸時代においても摂家など一部の公家の間でも四方拝が行われていた記録も残されている[11])。

15世紀後半には応仁の乱で一時中断されたが、後土御門天皇の治世の文明7年(1475年)に再興されて以後、19世紀後半の孝明天皇の治世に至るまで、京都御所清涼殿の前庭で行われた。

明治以前の式次第
1月1日のの刻(午前4時ごろ)に、天皇御所綾綺殿黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう:みかどの朝服)を着用し、清涼殿東庭に出御する。清涼殿東庭には、あらかじめ、「嘱星御拝御座」「四方御拝御座」「山陵御拝御座」の三座が設けられている。
天皇はまず最初に「嘱星御拝御座」に着座して、天皇の属星(ぞくしょう)[12]に拝礼する。次に「四方御拝御座」に着座して天地四方の神霊に拝礼。最後に「山陵御拝御座」に着座して父母の天皇陵(父母が健在の場合には省略)などの方向を拝。それぞれ、その年の国家・国民の安康、豊作などを祈った[13]
この拝礼のとき、天皇は独特の言葉(呪文)を唱えた。それは『内裏儀式』・『江家次第』によると次の通りである。
賊寇之中 過度我身、毒魔之中 過度我身、危厄之中 過度我身、五危六害之中 過度我身、百病除癒、所欲悩心、急々如律令
なお、「五危」は「五厄」とする史料もある。

明治時代以後編集

明治以後は、国学的観点から、道教の影響(北斗七星信仰や急々如律令などの呪文)は排除され、神道祭祀として再構成された上、国の行事として行われて四方節と呼ばれ、祝祭日の中の四大節の一つとされていた。

明治時代以後の式次第
式に先だって、皇居・宮中三殿の付属施設である神嘉殿の南庭にあらかじめ仮屋を設け、中央に簾薦を敷き屏風2双を立ち廻らし、その中に御座を設け灯台2基を供する。1月1日午前5時30分、天皇は綾綺殿黄櫨染御袍を着用し、掌典長の先導で神嘉殿南庭に出る。拝礼の御座で、伊勢神宮皇大神宮豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神祇を拝する。この時に天皇が拝する神々・天皇陵は、伊勢神宮天神地祇神武天皇陵・先帝三代の各山陵、武蔵国一宮氷川神社)、山城国一宮(賀茂別雷神社賀茂御祖神社)、石清水八幡宮熱田神宮常陸国一宮鹿島神宮)、下総国一宮香取神宮)を順次拝する。四方拝を終えると、天皇は宮中三殿(賢所、皇霊殿、神殿)をそれぞれ拝礼する。
天皇に事故があって四方拝を行えないときも代拝を行わない慣例は、従前の通りである。

脚注編集

  1. ^ 小池康寿 『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』 プレジデント社 2015年 36頁
  2. ^ 上皇明仁の場合、曾祖父・明治天皇伏見桃山陵、祖父・大正天皇多摩陵、父・昭和天皇武蔵野陵の三陵。
  3. ^ 小池康寿 『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』 プレジデント社 2015年 36頁
  4. ^ 小池康寿 38頁
  5. ^ 小池 38頁
  6. ^ 小池 36頁
  7. ^ 小池 2015, p. 33.
  8. ^ 小池 2015, p. 34.
  9. ^ 村、2013年、P254-260・275-276
  10. ^ 『江家次第』には「関白四方拝」「庶臣儀」に関する記述もある。
  11. ^ 元文3年(1738年)の元旦に当時の関白一条兼香が四方拝の行った時に記録が彼の日記『兼香公記』に残されている。それによれば、天皇の四方拝と異なり三座が設けられず、山陵に代わって藤原氏や陰陽道に関わる諸神・諸社への拝礼が行われている。
  12. ^ 属星(ぞくしょう)とは、誕生年によって定まるという人間の運命を司る北斗七星のなかの星。子年は貪狼星(ドゥーベ)、丑年と亥年は巨門星(メラク)、寅年と戌年は禄存星(フェクダ)、卯年と酉年は文曲星(メグレズ)、辰年と申年は廉貞星(アリオト)、巳年と未年は武曲星(ミザール)、午年は破軍星(アルカイド、ベネトナシュ)。
  13. ^ また、江戸時代には、属星拝礼後に「嘱星御拝御座」において内侍所伊勢神宮への拝礼が行われ、父母の御陵拝礼前に「山陵御拝御座」にて歴代天皇の山陵(対象は時期によって異なる)に対する拝礼が追加されたことも知られている。なお、伊勢神宮への拝礼に関しては院四方拝においては、後深草院以来の慣例であったとする『花園院宸記元応2年(1320年)元日条の記事があり、中世に院で行われたものが後に天皇の四方拝でも採用されたと考えられている。

参考文献編集

  • 村和明「天皇・上皇の四方拝と〈政務〉」 『近世の朝廷制度と朝幕関係』(東京大学出版会、2013年) ISBN 978-4-13-026233-0(原論文:2008年)
  • 平凡社編『神道大辞典 : 3巻. 第二卷』シホーハイ 四方拜、平凡社、1941年。
  • 小池康寿『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』プレジデント社、2015年11月。ISBN 9784833421492

関連項目編集