四方田 時綱(しほうでん ときつな)は、鎌倉時代中期の武士北条氏得宗家被官である御内人

 
四方田時綱
時代 鎌倉時代
生誕 不明
死没 文永9年〈1272年
別名 通称:滝口左衛門尉
幕府 鎌倉幕府
主君 北条政村時頼
氏族 四方田氏
父母 父:四方田景綱
重綱
テンプレートを表示

最初、北条政村に仕えていたが、後に北条時頼へ出仕する。文永9年(1272年)2月二月騒動が発生した際、時綱は大蔵次郎左衛門尉、薩摩左衛門三郎、渋谷新左衛門尉、石河神次左衛門尉と共に、名越流北条氏の北条時章北条教時を謀反のかどで殺害した。しかし、後に時章が無実であったことが発覚すると、北条時宗の命で他の4名と共に斬首刑に処された。

後に時綱の子・重綱が父を弔うため大方広仏華厳経を称名寺へ奉納した。なお、これは現存している。

参考文献編集

  • 末木より子『四方田時綱』(新人物往来社「北条氏系譜人名辞典」 94-95項)