四日市カンツリー倶楽部

四日市カンツリー倶楽部(よっかいちカンツリーくらぶ)は、三重県四日市市山城町に広がるゴルフ場である。

四日市カンツリー倶楽部
Yokkaichi Country Club
四日市カンツリー倶楽部
四日市カンツリー倶楽部の空中写真。
2009年4月30日撮影。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
三重県四日市市山城町640番地
座標: 北緯35度1分32.72秒 東経136度35分8.1秒 / 北緯35.0257556度 東経136.585583度 / 35.0257556; 136.585583
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1959年昭和34年)12月8日
運営 メンバーシップコース
設計 上田 治
運営者 株式会社四日市カンツリー倶楽部
トーナメント ・1962年 第30回 日本プロゴルフ選手権大会
・1963年 第28回 日本オープンゴルフ選手権競技大会
・1994年 第59回 日本オープンゴルフ選手権競技大会
Nuvola apps kolf.svg コース

OUTコース INコース
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 5 555 1 4 430
2 4 370 2 4 455
3 3 235 3 4 420
4 4 445 4 3 220
5 4 450 5 5 565
6 3 170 6 4 370
7 4 425 7 3 195
8 4 390 8 5 600
9 5 625 9 4 385
36 3665 36 3640

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 四日市カンツリー倶楽部
テンプレートを表示

概要編集

三重県四日市市は、太平洋戦争で壊滅状態となったが、1955年昭和30年)代には、石油コンビナートとして高度成長の一翼を担っていた[1]。そうした時期、「和合(「名古屋ゴルフ倶楽部」)、東山(「愛知カンツリー倶楽部」)は遠いい、地元にゴルフ場があれば」との気運が起きていた[1]。三重県では、桑名四日市が競合し、県知事が一本化を図ったが纏まらなかった[1]。桑名は商工会議所・諸戸精文と四日市は商工会議所・九鬼綾七の会談となり、桑名が財界中心で、四日市は大衆化中心で一致した[1]

1958年(昭和33年)6月28日、新たなゴルフ場の建設に向けて「株式会社四日市カンツリー倶楽部」が設立された[1]。建設用地は、四日市市の三岐線・山城町で、同年11月7日、コースは着工された[1]。コースの設計は、「廣野ゴルフ倶楽部」の上田治が行い、施工は清水建設株式会社が行った[1]1959年(昭和34年)12月8日、18ホールのゴルフ場が完成、開場された[1]。四日市カンツリー倶楽部は、会員の半数が四日市市在住で、郷土に支えられた倶楽部である[1]。また、「ワールドカップ (ゴルフ)|カナダカップ(現・ワールドカップ)開催を目的に造られたコース」である[1]

コースは、ゆったりした広大な敷地を生かしたコースレイアウトが特徴で、フェアウェイは広く長いため豪快なプレーが望める本格派向けの林間コースである[2][3]。 。また、日本のプロゴルフメジャー大会の1つ、日本ゴルフ協会主催競技でもあり、日本選手権大会に相当する、日本オープンゴルフ選手権競技大会を2回、日本プロゴルフ協会主催競技である 日本プロゴルフ選手権大会を1回の開催実績がある[2][3]

所在地編集

〒512-8048 三重県四日市市山城町640番地

コース情報編集

  • 開場日 - 1959年12月8日
  • 設計者 - 上田 治
  • 面積 - 1,190,000m2(約35.9万坪)
  • コースタイプ - 林間コース
  • コース - 18ホールズ、パー72、7,305ヤード、コースレート75.9
  • グリーン - 2グリーン、ベント(ペンクロス)、コーライ
  • フェアウエイ - コーライ
  • ラフ - ノシバ
  • ハザード - バンカーの数95、池が絡むホール数2
  • プレースタイル - 乗用カート(5人乗り)、自走式、全組キャディ付き 
  • 練習場 - 17打席 280ヤード
  • 休場日 - 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)、12月31日、1月1日[2][4]

クラブ情報編集

ギャラリー編集

交通アクセス編集

メジャー選手権編集

エピソード編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2020年8月10日閲覧
  2. ^ a b c 「四日市カンツリー倶楽部」、倶楽部概要、2020年8月10日閲覧
  3. ^ a b 「四日市カンツリー倶楽部」、ゴルフダイジェスト、ゴルフ場詳細、2020年8月10日閲覧
  4. ^ 「四日市カンツリー倶楽部」、、2020年8月10日閲覧
  5. ^ 「四日市カンツリー倶楽部」、ゴルフホトライン、2020年8月10日閲覧
  6. ^ 「四日市カンツリー倶楽部」、アクセス、2020年8月10日閲覧
  7. ^ 「日本プロゴルフ選手権大会」、日本プロゴルフ協会、2020年8月10日閲覧
  8. ^ 「日本オープンゴルフ選手権競技」、日本ゴルフ協会、2020年8月10日閲覧
  9. ^ 「日本オープンゴルフ選手権競技」、日本ゴルフ協会、2020年8月10日閲覧
  10. ^ a b c 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年2月4日閲覧

関連文献編集

  • 『月刊ゴルフマネジメント』、4月19(162) 、「四日市カンツリー倶楽部」、東京 一季出版、1998年4月、2020年8月10日閲覧
  • 『中部経済界 地域の活性化を探究する月刊誌』、「支配人登場 四日市カンツリー倶楽部 栗田秋生」、名古屋 中部経済界、1999年10月、2020年8月10日閲覧
  • 『月刊ゴルフマネジメント』、6月21(191)、「四日市カンツリー倶楽部」、東京 一季出版、2000年6月、2020年8月10日閲覧
  • 『ゴルフ場ガイド 西版』、2006-2007、「四日市カンツリー倶楽部(三重県)」、東京 ゴルフダイジェスト社、2006年5月、2020年8月10日閲覧
  • 『東商信用録 中部版平成19年版』、「(株)四日市カンツリー倶楽部(四日市市)」、名古屋 東京商工リサーチ名古屋支社、2007年10月、2020年8月10日閲覧
  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2020年8月10日閲覧
  • 『ゴルフ場企業決算年鑑昭和59年-平成29年版』、「(株)四日市カンツリー倶楽部 四日市CC」、東京 一季出版、1985-2017年、2020年8月10日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集